Go! Joppari

jopparika.exblog.jp
ブログトップ

宇宙へのあこがれ

今年はガリレオが望遠鏡ではじめて宇宙を観測してから400年目ということで、「世界天文年」と定められています。

巷では、24日に地球に最接近するというルーリン彗星の話題でにぎわっていますが、この天気ではそれを見ることも期待できませんね。

最近家にいて一番の楽しみは、この本を読むことなんです。
c0171980_2224142.jpg


単行本なので持ち歩かず、家にいるときにだけ読んでいるのですが、おもしろくて読んでいるとつい時間を忘れてしまいます。
この週末はテスト問題をつくらなければならなかったので、なかなか読む時間がとれませんでしたが、ようやく3分の2くらいまで読み進めました。

学生の頃から宇宙にはとても興味があり、いろいろな本も読みましたが、この本は多くの宇宙論の本にありがちな数式や図(写真やイラスト)がまったくないのでびっくりしました。
唯一出てきた数式が、あの有名なアインシュタインのE=mc2だけなのです。

科学エッセー集なので、ひとつひとつの話題がコンパクトにまとめられていて、内容もすごく分かりやすく、独特のユーモアとセンスにぐいぐいと引き込まれてしまうのです。
私もこんな文章を書いてみたいものだなぁ〜と思わされてしまいます。

これからまだ、明日の授業のプリントもつくらなくちゃいけないのですが、はやいとこ終わらせて、またこの本の続きを読まないと!

興味をもったら、こちらへ。
ブラックホールで死んでみる―タイソン博士の説き語り宇宙論 ニール・ドグラース・タイソン (著), 吉田 三知世 (翻訳)
[PR]
by Rika_Joppari | 2009-02-22 22:33 | ひとりごと