Go! Joppari

jopparika.exblog.jp
ブログトップ

貴船神社

職場の近くに「貴船神社」という神社があります。
c0171980_8341648.jpg


今まで前を通り過ぎるだけで中に入ったことがなかったので、興味津々で鳥居をくぐってみました。

中に進むと、ちょっと気になる小さな鳥居があり、その先はかなり長〜い階段が続いています。
その階段を上りきったところにはには小さな祠が見え、観音像でもあるのかなと思い、行ってみることにしました。
c0171980_935974.jpg


・・・とは思ったもののかなりきつい階段で、最初は軽快に上っていた足取りもだんだん重くなり、3分の2くらい上ったところで立ち止まり、ちょっとひと呼吸つきました。

足元を見ると、階段の垂直な部分にコケがびっしりついています。
何というコケかわかりませんが、この突起は雄器托でしょうか、それとも無精芽器でしょうか。
ポッカリ口を開けてこちらに向かって「ガンバ!」って言ってくれているように見えました。
c0171980_10512337.jpg


ようやく祠までたどり着くと、鉄製の重たそうな観音開きの扉が、50cmほど開いていました。
中は真っ暗で、近づいて覗いてみるまで中が見えませんでした。
どんな像があるのだろうと、ちょっと期待して中をのぞくと、なんとびっくり!

そこにあったのは、観音像ではありませんでした。

それは地面から突き出した岩でした。
しかも、紅白幕と日の丸で飾られたこの岩、なんだか意味深ですが、まわりを探してもこの岩を説明している立て札のようなものは全くありませんでした。
扉のすき間からしか写真が撮れなかったので全体が撮れず、なんだか変な継ぎ接ぎの写真ですが、雰囲気はわかってもらえるでしょうか。
c0171980_10592632.jpg


なんだかキツネにつままれたような気分で、石段を降りていきました。

この岩がどうも気になって、職場の人に聞いたりネットで検索してみたりもしたのですが、未だに何の岩なのかわかりません。
貴船神社というのは総本宮が京都にあり、全国に500以上の御分社があるそうです。

この岩が何なのか、ますます知りたくなりました。
[PR]
by Rika_Joppari | 2009-05-17 11:17 | ひとりごと