Go! Joppari

jopparika.exblog.jp
ブログトップ

静物画の秘密展

いま、青森県立美術館で、ウィーン美術史美術館所蔵「静物画の秘密展」という企画展が開催されています。
この企画展、来週で終わりということで、今日を逃せばきっと行けなくなると思い、足を運びました。

食べ物や食器など、何も特別なものではない日常のものに、画家はどんな思いを込めて描いているのか。
そんなところに視点を置いたこの企画展にはとても興味があり、絶対に見たいと思っていたのです。
そして目玉はなんと言ってもベラスケスの「薔薇色の衣装のマルガリータ女王」です。
これはなかなか貸し出しをしない絵なのだそうで、きっと青森県に来るのは最初で最後でしょう。

正午ころ美術館に着き、音声解説も借りてじっくりと鑑賞してきました。
ひととおり見終わって、出てきたのが2時少し前。
ミュージアムショップなどをぶらぶらしていると、2時から学芸員による解説を聞きながら展示室を巡る企画があると、放送されました。
今日の入場券を持っていれば入れると聞いてこれはラッキーと思い、列に並んで再び展示室に入りました。

音声解説で聞いてはいても、やっぱり学芸員の話を聞いた方がずっとわかりやすく、新たな発見もありました。
実はiPhoneにボイスレコーダーをダウンロードしていたので、学芸員の解説を、みんな録音してきたのでした。
今、これを繰り返して聞いてみると、またあの絵画が鮮やかに目に浮かんできます。
今日はホント、得した気分です。

記念にティーポット型のカードホルダーを買ってきたので、ちょっと静物画風にアレンジして、写真を撮ってみました(^^;
c0171980_23444588.jpg



ティーポットに自分が移り込んでいて、ちょっと恥ずかしいな。(拡大して見ないでね)
[PR]
by Rika_Joppari | 2009-06-06 23:49 | ひとりごと