Go! Joppari

jopparika.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:空・雲・星( 45 )

花火と星

6月7日に東方最大離角を迎えた金星が,今日も夜空にひときわ明るく輝いています。
今夜はそれに加えて,「古都ひろさき花火の集い2015」とあって,我が家の2階の窓から花火を眺めています。

ちょうど三日月と金星,木星が三角形を成しているので,花火と一緒にフレームに収めてみました。
c0171980_20553042.jpg


c0171980_20565682.jpg


今日はちょっと曇っているので,しし座はなかなか見えません。
明日はどうかな。
[PR]
by Rika_Joppari | 2015-06-20 21:05 | 空・雲・星 | Trackback | Comments(0)

水平飛行

先日、出雲縁結び空港から羽田に戻る飛行機の中、高度8000mくらいでしょうか、上層の雲と下層の雲に挟まれた景色があんまりきれいだったので、ムービーで撮ってみました。

後から見直してみると、7秒後くらいから右下の雲に飛行機の影が映っているのに気づきました。
最初は手前の雲に少し大きめの影ができていますが、その後遠くの雲に影が移ると、スポットライトのように丸い光で囲まれているように見えます。
これは二重の窓による干渉でできたものなのでしょうか。
それにしても、なぜ遠くにある飛行機の影にだけ、こんなものができたのでしょうか。
そのしくみが知りたくてたまりません。

どなたか理由を説明していただける方がおりましたら、よろしくお願いします m(_ _)m


[PR]
by Rika_Joppari | 2014-08-09 21:19 | 空・雲・星 | Trackback | Comments(2)

Evening glow

今回は記録写真ならiPhoneでいいだろうと、いつも持ち歩いているデジイチを持っていかなかったのですが、やはりこういうときには失敗したなと思ってしまいます。

19:10千歳空港を飛び立ったあと、窓の外にきれいな夕焼けが見えていました。
左側には金星と細い月も見えていましたが、iPhoneでは撮れませんでした。
c0171980_23543345.jpg


点滅している翼の先のライトが点灯しているときにはこうなります。
c0171980_23571017.jpg


まあ、iPhoneでもこれだけ撮れると喜ぶべきなのか。
[PR]
by Rika_Joppari | 2013-08-13 00:01 | 空・雲・星 | Trackback | Comments(0)

満月

今日は今年一番大きな満月が出るということで、日の暮れるのを楽しみにしていました。

岩木山に太陽が沈むと、東の方から満月が上ってきました。
大きさを強調するのに屋根と一緒に撮りたかったのですが、雲がかかっていてなかなかくっきりとした姿を見せてくれませんでした。

やっと雲がどいたときには、予定よりだいぶ高く上がってしまいました。
c0171980_2249252.jpg


だんだん暗くなってくると、月がオレンジ色に見えてきます。
c0171980_22484950.jpg


このあとまた雲の中へ。
次に出てきたときは、もうこんな感じ。
c0171980_22513361.jpg


7月の満月も撮って、今日の写真と大きさを比べてみたくなりますね。
[PR]
by Rika_Joppari | 2013-06-23 22:56 | 空・雲・星 | Trackback | Comments(0)

稲妻

「地震、雷、火事、おやじ」と言いますが、私にとってはこの中で一番怖いのは雷です。
先日のグルーガンに落ちた経験で、さらに怖さが増したのですが、今夜もさっきまで遠くで稲妻が光っていました。

でも、今日はかなり遠くで光っているし、近づいてくる気配がなかったので、こうなると持ち前の好奇心がはたらいて、稲妻が光るのを見たくなるのです。
そこで、今日は遠くの空にカメラを向けて少し粘ってみたら、撮れました!
c0171980_23233815.jpg


岩木山の向こう側で光っているので、いくらか安心です(^^;

拡大すると、光の筋が枝分かれしているのが見えます。
c0171980_2327795.jpg


見ているうちに、稲妻がだんだん北の方に移動して行きました。
c0171980_2327533.jpg


これも拡大すると、
c0171980_23305333.jpg


でも、これって、遠くのどこかに雷が落ちてるってことですよね。

・・・・・あ〜、やっぱり怖いわ!
[PR]
by Rika_Joppari | 2012-09-08 23:34 | 空・雲・星 | Trackback | Comments(0)

妖艶な月

昨夜というか、もう0時を回っていたので今日なのですが、南西の空に妖艶な月が沈もうとしていました。
ちょうどWOWWOWでブラックスワンを見ようとして座ったところ、窓の外の視界にオレンジ色の月が飛び込んできたのでした。
折角だから、三脚を立てて望遠レンズで狙ってみたら、ちょうどルートイン弘前の真上だったのですね。
c0171980_1453380.jpg


このあとすぐに、雲に隠れて見えなくなってしまいました。
偶然に捉えた1枚だったようです。
[PR]
by Rika_Joppari | 2012-08-28 14:55 | 空・雲・星 | Trackback | Comments(2)

空があまりにもきれいだったから

昨日は少々風も強かったのですが、美しい青空が広がった一日でした。

お昼は外に出てランチタイムにしました。
アスファルトの照り返しがまぶしく、夏を感じさせてくれます。

空があまりにもきれいだったので、写真を撮りたくなりました。
屋上は施錠してあるので上がれず、仕方がないので4階の窓からの撮影です。

きれいな青空の下、弘前の町並みです。
c0171980_20423812.jpg


c0171980_20432033.jpg


明日以降、天気は下り坂のようです。
せっかくの3連休なので、晴れてほしいですね。
[PR]
by Rika_Joppari | 2012-07-14 20:46 | 空・雲・星 | Trackback | Comments(0)

月と金星

金環日食まであと4週間を切りました。
少し前から、写真撮影のためのグッズをぽちぽちとそろえているのですが、今日は新しく買った三脚とリモコンを使って試し撮りをしました。

被写体は、月と金星です。
うっすらと雲がかかっているようですが、西の空に三日月と金星が並んでいるので、窓から撮ってみました。
(外に出ないで横着してますw)

こんな感じです。
c0171980_21423398.jpg


やっぱり三脚の安定感がいいですね〜。
ベルボンの Geo Carmagne E645M です。
カーボンなので、見た目ゴツいですがやっぱり軽い。
ちょっと奮発しましたが、満足です(^^)v
[PR]
by Rika_Joppari | 2012-04-25 21:52 | 空・雲・星 | Trackback | Comments(0)

金星

近頃はとても天気の変化が激しく、天気予報も当てにならないような日が続いています。
今日はようやく「春だなぁ」と思えるようなあたたかい一日になりました。
明日はまた雨が降る予報なので、西の空は少し雲がありましたが、今日のうちにと屋上に天体望遠鏡を設置して、学生が金星の観察を始めました。

岩木山の方から、次々と雲がつくられては流れてくるので、見えたり隠れたりでしたが、日没が進むに従って、金星もはっきりと見えてくるようになりました。

カメラを持っていかなかったので、試しにiPhoneで撮ってみましたが、意外ときれいに撮れた
のでびっくりしました。
c0171980_233189.jpg


観察している学生たち。
初めて望遠鏡で金星を見た学生もいて、かなりうれしそうでした。
c0171980_234265.jpg


今度は木星や土星も観てみたいですね。
[PR]
by Rika_Joppari | 2012-04-10 23:13 | 空・雲・星 | Trackback | Comments(2)

太陽柱

今回の旅行は往復とも羽田経由の便でした。

空に上がるとついつい、千差万別に姿を変える雲に、目を奪われてしまいます。
青森空港の朝は濃霧で、羽田からの機材が来ているか心配でした。
それでも定刻に離陸し、ほどなく美しい青空が見えてきました。
c0171980_231964.jpg

c0171980_22594892.jpg


帰りは伊丹からの便が窓側の席でした。
着陸前、何気なく外を見ると、小笠原諸島がきれいに見えていました。
右側の席で、ラッキー!
c0171980_233575.jpg


羽田での乗り継ぎが悪く、2時間も空港で時間をつぶさなくてはなりませんでした。
羽田を飛び立つともう日没の時間。
空が真っ赤に染まっていました。

あぁ、ちきゅうがまわってるなぁ〜なんて思いながら、次第に沈んでいく太陽を眺めていると、美しい太陽柱が現れてきました。
これもラッキー!!
c0171980_238242.jpg


窓側より、ひとつ内側の席だったのですが、となりの人にちょっと失礼して、写真を撮らせてもらいました。
どうもすみません m(_ _)m
[PR]
by Rika_Joppari | 2011-07-12 23:13 | 空・雲・星 | Trackback | Comments(2)