「ほっ」と。キャンペーン

Go! Joppari

jopparika.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:動物( 122 )

ヒドラ

10日ほど前に,あるところからヒドラをいただきました。
生きたヒドラを実際に見るのは初めてで,とってもワクワクしながら学校に持ち帰り,現在飼っております。
体長1cm程度の奇妙な形のこの生物。
見ているととても興味深い動きをし,時間を忘れて見入ってしまいます。
c0171980_053125.jpg

c0171980_0521074.jpg


同じ個体なのに,こんなに体を伸ばしたり縮めたりします。
しかもこれ,水面に固着して,ぶら下がっているんです。

テトラブラインシュリンプを餌にしています。
元気に動き回っているシュリンプが,触手に触れるとピタッと動きが止まり,張り付いてしまいます。
そして,そのまま口に運ばれてしまいます。
「へえ〜! これが刺胞かぁ〜」なんて一人で感心しております。

まだ,餌を捉えるところは撮影できていませんが,動きはこんな感じです。


しばらくはこのヒドラの観察で,毎日が楽しみです!
[PR]
by Rika_Joppari | 2017-01-19 01:03 | 動物 | Trackback | Comments(0)

流氷のエンジェル その後

魚屋さんで購入したクリオネ。
FBでいろいろ情報をいただき,昨日から理科室前の廊下に展示しています。
c0171980_13342141.jpg


授業に来た生徒たちは,突然現れためずらしい生き物に食いついて見ていました。
そして,「かわいい〜!」「かわいい〜!」の連発。
先生方も噂を聞いて集まってきて,昨日は一日中理科室前は大にぎわいでした。

残念ながら,先週末の土日で1匹お亡くなりになっていて,現在2匹を展示中ですが,
かわいそうな1匹は,せめて少しでも役に立たせてあげたいと,顕微鏡観察の役目を担ってもらいました。
頭に見える部分は,実は口であり,餌を捕えるときはここから6本の触手(バッカルコーン)を出して獲物を捕獲します。
赤く見える部分がその触手で,中に格納されています。
オレンジ色の部分が消化器官。
c0171980_134874.jpg


それにしても,ひらひらと翼足を動かしてフワフワ泳いでいる姿は,見ていて本当に癒されます。
なんとも不思議な生き物ですね。
[PR]
by Rika_Joppari | 2016-02-17 13:57 | 動物 | Trackback | Comments(0)

流氷のエンジェル

弘前駅のすぐ近くに,「虹のマート」という食材屋さんがあります。
鮮魚,野菜,果物,乾物,惣菜と,いろいろなお店が入っている,小さな市場のようなショッピング施設です。
その中の一軒の魚屋さんで,クリオネを売っているという情報を耳にし,早速行ってみることにしました。

そしたら,本当にありました!
太いタコの足のすぐ前に,ジャムの瓶のようなものが並んでいて,最初見過ごしていましたが,
その瓶の中に,クリオネが泳いでいるではありませんか!

1瓶の中に,大きめなら3匹,小さめなら4匹入っていました。
大きめで元気が良さそうなのをお店の人に持ってもらって,写真を撮らせてもらいまいした。
c0171980_13152963.jpg


これ1瓶が1,200円でした。
流氷とともやって来て,捕まるのだそうです。
なかなか手に入らないものなので,もちろん購入してきました。
飼い方は,冷蔵庫の中で保管,定期的に海水を取り替えてあげるだけで,餌はいらないみたいです。
海水はこのお店に来れば,いつでももらえるとのこと。

一生冷蔵庫の中というのはかわいそうな気もしますが,本来この子たちの生息場所も, 暗い冷たい海の中なのでしょうから,そう悪くないのかもしれません。
毎朝冷蔵庫を開けたら,「おはよう!」と声をかけてあげたいですね。

パタパタする仕草が,とてもかわいいです。


でも,この天使のような容姿からは想像できないくらい,餌を捉える時にはものすごく獰猛になるのですよね。小さなエビか何かを入れてみると,食べるところが見られるでしょうか?
ちょっと好奇心をくすぐられます(^^;
[PR]
by Rika_Joppari | 2016-02-11 13:30 | 動物 | Trackback | Comments(0)

相同器官

授業が進化に入ったところで,理科室の展示を少し変えました。
いろいろ集めた相同器官の標本です。
手首と肘に印をつけると,橈骨,尺骨,上腕骨がわかります。

ヒトの腕とイルカのヒレ,ハトの翼。
c0171980_235628.jpg


ウマとシカの前脚。指の本数の違いを見せます。
c0171980_2345795.jpg


は虫類の前脚も,もちろん同じつくりになっています。
c0171980_23516100.jpg


教科書の図よりも,ずっとわかりやすいと思います。
授業の前後の休み時間に,これらを見ながら生徒たちと雑談するのが楽しいです!
[PR]
by Rika_Joppari | 2015-07-05 23:18 | 動物 | Trackback | Comments(4)

脊椎動物

中学校の理科では,2年生で動物の学習をします。
この単元を学習するときが,自前の骨格標本を授業で活用する最大のチャンスなのですが,ここ5年ほど2年生を担当できなかったので,実に久しぶりの動物の授業なのです。

脊椎動物のなかまの学習に入るとき,決まって生徒に考えさせるのですが,やはり誤認識が多いのが以下の動物たちです。

・ヘビには背骨がない
・トンボには背骨がある
・イカには背骨がある

先日,脊椎動物の学習に入ったところで,理科室の展示を模様替えしました。
手前はイルカで,背骨の標本としてはうってつけです。
c0171980_11483139.jpg


ヘビにも背骨がある証拠の標本です。
c0171980_11491086.jpg


最初はみんな恐竜だと思うようです。
でも,確かに恐竜から鳥へと進化しているのですから似ているのは当然。
c0171980_11492336.jpg


ひとつひとつ自作秘話があり,こだわりがあるので,この単元はどうも時間を取り過ぎてしまいます(^^;
でも,生徒たちも興味を持って聞いてくれるのでうれしいのですが。
[PR]
by Rika_Joppari | 2015-06-21 12:04 | 動物 | Trackback | Comments(2)

コウモリ完成

一昨日のコウモリ。
意外と早く乾いて,形もきれいに整ったまま固まったので,今日は台に貼り付けて標本を完成させてしまいました。
こうなると,ちょっと美しいですわ。
c0171980_22422442.jpg


前脚の5本の指の骨が,まるでこうもり傘の骨のようになっています。
傘の膜になるのは,皮膚ですね。
よく見ると血管の痕も見えます。
後脚のゆびも,小さいけどちゃんと5本あります。
思いがけず標本ができてしまいましたので,明日の研究集会に持っていくことにします。

それにしても,今日はものすごく雪が降って,学校の駐車場から車を掘り出さなければ帰宅できませんでした。
明日は東北自動車道閉鎖になってたら,いやだなぁ。
[PR]
by Rika_Joppari | 2015-02-13 22:53 | 動物 | Trackback | Comments(2)

コウモリ

週の半ばで祭日があるのはとても嬉しいのだけれど,今日は今週末にある研究集会のレポートやら,来週の期末テストの問題作成やら,やることがいっぱい。
でも,なかなかやる気になれなくて,どうも逃避してしまう。

そんな状態なので,今日はかなり前から水に浸けておいたコウモリに,手を出してしまった。

とても小さいコウモリだから,骨が細いのはわかっていたので,壊さないように水を入れた小さな瓶に入れて放置し,腐らせておいたのだ。
臭い消しのために少量の粉末酸素系ハイターを入れていたので,思ったよりも悪臭はなかった。

ピンセットで丁寧に皮膚や内臓を取りのぞき,あまり手を加えずに形を整えて乾かすことにした。
指の間の皮膚は,コウモリの翼になるところなので,どこまで取り除くか悩ましいところ。

結局,今日のところはこんな感じで。
c0171980_1449595.jpg


あー,これで休日の半分終わってしまった。
ちょっと満足感。
だけど,やっぱり仕事にもどるかな。
[PR]
by Rika_Joppari | 2015-02-11 14:53 | 動物 | Trackback | Comments(0)

耳小骨

来月ある研究会でレポート発表する予定があるので,少しずつ準備を進めています。

新しいネタではないのですが,かなり前から持っていたイルカの耳の骨を,標本として見せられるようにスチレンボードに貼ってみました。
確か昔にアップしたよな〜と思い,検索してみたらありました。
2008年ですね。これです。

この骨のいくつかが割れていて,耳小骨がこぼれてしまったものを,タッパーに入れて保存しておいたものです。
c0171980_22315873.jpg


こうして標本にすると,いつでも活用できていいですね。
でも,「耳周骨」の文字が曲がっているのが気になる・・・(^^;



ところで,自分のブログ内を「骨」をキーワードに検索して上のイルカの記事を見つけたのですが,
「骨」でかなりたくさんの記事がヒットしたのには,自分でも驚きました。
今までに,こんなに骨をアップしていたのかと・・・・。
[PR]
by Rika_Joppari | 2015-01-28 22:40 | 動物 | Trackback | Comments(0)

アオバト

先日の朝、職場に出勤すると職員玄関に生徒が数名待っていて、
「先生、鳥が死んでるよ!」
と報告してくれました。

「大きい鳥なの?」と私。
「うん!大きい!」
と言いながら、こっちこっちと他の生徒も手招きするので、ポリ袋を取りに理科室に寄って、再び靴を履き替えて生徒の後を追いかけて行きました。
小雨の降る中、傘を持って来ればよかったと後悔しつつ、校門の方に走っていくと、先に到着していた生徒が、
「先生、まだ生きてたー!」
と叫んでいます。

植木の下に生い茂る草に身を隠すように、傷ついたハトが座っていました。
何かに衝突したのか、くちばしの上に少し血のりがついていて、飛べない様子です。
そっと袋に入れて、理科室まで持ち帰り、とりあえず様子を見ることにしました。
その日は生徒たちが入れ代われ立ち代わり、
「先生、ハトどうなった?」と訪ねてきては、興味津々で眺めていました。

アオバトの幼鳥のようで、羽根の色がとてもきれいです。
c0171980_22451145.jpg


そういえば、前にもこんなことがあったな〜と、ピーちゃんの事を思い出しました。

餌になりそうなものがなかったので、クッキーと水を置いて、大きめのカゴをかぶせておくことにしました。
部屋の中が暖かかったせいで少し元気になったのか、歩けるようになったので、雨の上がった翌朝、放してあげることにしました。

まだ飛べないのか、よちよち歩くだけですが、飼うわけにもいかないので、「がんばれよ!」と声をかけて送り出します。
c0171980_22541377.jpg


明るいところでよく見ると、羽根に少し赤紫っぽい羽根が見えるので、オスかもしれません。
c0171980_22554994.jpg


たくましく生きるんだぞ!
[PR]
by Rika_Joppari | 2014-10-25 23:01 | 動物 | Trackback | Comments(0)

フタモンアシナガバチの巣

毎年この時期になると、我が家の車庫の屋根に、フタモンアシナガバチの巣ができます。
特に危害を加えるハチではないので、そのままにしてあげてもいいのですが、洗濯物にまつわりついたりするので、やはり駆除することにしました。

まだ小さめの巣でしたが、全部で4つもありました。
c0171980_1151621.jpg


落ちてきた成虫は、一応ピンセットでつまんでエタノールに浸けておきました。
ハチのからだは、昆虫のからだのつくりの見本にちょうどいいのです。
巣ですから、当然幼虫も蛹もいます。
巣に殺虫剤を吹きかけても、幼虫はまだ生きていますね。
さすがの生命力です。


あとから、蛹の蓋を破って、引っ張り出してみました。
幼虫から成虫まで、いろんな段階が観察できます。
c0171980_11565793.jpg


後で小瓶に入れて、アクセサリーをつくろうと思います。
夏休み最後の週末、大人の自由研究でした(^^)/
[PR]
by Rika_Joppari | 2014-08-16 12:01 | 動物 | Trackback | Comments(0)