Go! Joppari

jopparika.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

年賀状

3日ほど前から取りかかっていた年賀状が、今日ようやく書き終わり、すべてポストに収まりました。
冬休みになると、この仕事(?)が待っているので、なかなか大変です。
最近はAdobe illustratorのお世話になり、プリンタで印刷したものに手書きでひとこと加筆するのが、いつもの習わしになっています。
どんなデザインにしようか考えることは楽しいことなのですが、やはり年賀状は一枚一枚手書きで書きたいものです。

そこで、私は毎年必ず何枚かは、筆で年賀状を書くのです。
実はこれが、一番の楽しみでもあるのですが。

今年はどんな風に書こうかな〜って考えたとき・・・

「あれ?去年は何を書いたっけ?」
「その前の年は?」

・・・と、なかなか思い出せないのです。

パソコンでつくった年賀状は、データで残っているのですが、手書きのものは出してしまえば手元に残らないのですものね。

そして、今年、ようやく気づきました。

「写真に撮っておけばいいんじゃん!」

(どうして今までこれに気づかなかったんだろう?)

ということで、まずは傍らの硯と筆を撮りました。
(なんでやねん?)
c0171980_2038690.jpg


これらは、普段私が愛用している道具です。
この硯は、私が小学校で最初にそろえた書道セットに入っていた硯なのです。
今でも全く不自由なく使えているのですよ。

そして今年の年賀状も、とても恥ずかしいのですが公開しちゃいます。
趣味で楽しんでいるだけなので、筆使いが悪いとか、深く突っ込まないでくださいね。

まずは、嵐雪の句を
c0171980_2043368.jpg


こちらは、椿をあしらって、
c0171980_204821100.jpg


これで来年は、忘れずに思い出せます。
[PR]
by Rika_Joppari | 2008-12-30 20:57 | ひとりごと | Trackback | Comments(5)

丹波の黒豆

今日は一日中雪混じりの強風でヒューヒューという音が耳から離れず、空はどんよりと雲って、いや〜な天気でした。
こんな日は外出したくないので、年賀状を書きながら、黒豆を煮ていました。

日頃は時間をかけた料理など全くしないのですが、1年に一度、この時期だけは毎年黒豆を煮るのが自分の年中行事なのです。
家族も毎年私の煮る黒豆を楽しみにしてくれているので、やる気も出るというものです。

煮豆というのは、人それぞれこだわりもあるもので、レシピもそれぞれ違うのでしょうが、私の場合はやはり粒の大きい丹波の黒豆でないとダメですね。

つくりかたは、大量の水に砂糖や醤油・塩・重曹を入れて煮立ったら火を止め、洗った豆を入れて一晩置き、翌日は最初中火で煮立てて灰汁を取り、その後は落とし蓋をして超弱火で5~6時間煮るのです。
そして、また一晩置いて味をしみ込ませます。

大体こんな感じで柔らかくおいしい煮豆ができるのですが、やっぱりどうしても途中で味見・・・というか、つまみ食いをしたくなるのが人の性ですよね(^^;

そして、先ほど我満できずにちょっと器に盛って・・・。
c0171980_2261677.jpg


当然、まだ味がしみ込んでいないので、汁と一緒に味わいました。
柔らかくて皮がピンと張ってて、艶もあっておいしそうにできています。

まあ、まずまずの出来ですね。

でも、いつも不思議に思うのですが、大豆って乾燥しているときはほとんど球形なのに、水に浸けてふやかすと、卵のように細長くなるのはどうしてでしょうね。
誰か教えてくれないかな。
[PR]
by Rika_Joppari | 2008-12-28 22:16 | | Trackback | Comments(4)

もやしもんnano

「もやしもん7」が発売になりました。
そして、今回の限定版は、オリゼーが作れるナノブロックが付いているのです。

早速Amazonで注文しました。
届いたナノブロック、手に取ってみると、本当に小さい・・・・。
ちょっとムズかしそうでビビりながら、組み立ててみました。

小1時間ほどかかって、組み立てたA.オリゼーが、これ。
c0171980_2225921.jpg


なんと、かわいい。
腕がちゃんと動くんですよ。
もう、パソコンがかもされました。

そして、こういうのをつくると、必ずやってみたくなるのが、これ。
c0171980_2253880.jpg


「もやしもん」ファンなら、わかりますよね〜  (^o^)/
[PR]
by Rika_Joppari | 2008-12-26 22:09 | ひとりごと | Trackback | Comments(2)

キジバトの羽根

以前、ハトの骨格標本で、初列風切はどの骨に付いているかという疑問が持ち上がり、早速キジバトの羽根で調べてみました。
c0171980_20575224.jpg


このままではよく分からないので、雨覆を次々と取っていき、初列風切と次列風切だけを残してみました。

そうすると、やっぱり初列は中手骨から先に10本付いていることが分かりました。

中手骨とは、ヒトで言えば手の甲にある骨です。
ですから、鳥は手首より先に初列風切、そして手首から肘までの骨(尺骨)に次列風切が付いていることになります。

羽根を一部むしった鳥の写真を見る勇気のある人は、
続きをご覧ください。

ここをクリック
[PR]
by Rika_Joppari | 2008-12-24 21:19 | 実験・観察・研修 | Trackback | Comments(6)

岩木山

昨日は浅虫温泉に泊まり、今朝、弘前に戻ってきました。

天気が良かったので、車窓から雪化粧の岩木山がとてもきれいに見えていました。

これは、浪岡から見た岩木山。
c0171980_14505586.jpg


いつも見ている弘前からの岩木山と、やはり山頂の形が少し違います。

そして、これは浪岡と弘前の中間になる、田舎舘から見た岩木山。
c0171980_14543012.jpg


う〜ん。
やっぱり違う。

当たり前か (^^;
[PR]
by Rika_Joppari | 2008-12-23 15:13 | 風景 | Trackback | Comments(4)

豆人のX-mas

今日はコーヒー豆を切らしていたので、いつものように「豆人」に向かいました。
朝から快晴で、昨日までの雪はどんどん溶けています。
看板のポールのてっぺんに残った、丸い雪のかたまりがカワユイ!
c0171980_1431357.jpg


店に入ると店長が、
「ブログ見てきましたか?今日は豆人のクリスマスだよ!」

見ると、店内の装飾がいつもと違い、クリスマスっぽくデコレーションされています。

ここはいつも試飲をさせてくれるテーブルです。
c0171980_1461535.jpg


置いてあるランチョンマットは、サンタさんが器を焼いて、コーヒーを焙煎して、入れてくれるところの三連作。
なかなか凝ってますね。
今日の試飲は、なんと「ブルーマウンテンNo.1」でした。

ハズレなしのくじ引きもついてますよ。
・・・私はD賞でしたけど(^^;

19:00まで営業。
クリスマスは今日だけなので、お近くの人はどうぞ!
[PR]
by Rika_Joppari | 2008-12-23 14:18 | | Trackback | Comments(0)

岩塩と温度計

毎月1回、理科好きの仲間が集まってサークル活動を行っています。
昨日は、その例会でした。

毎回参加者がいろいろなネタを持ち寄って、実験や観察をするのですが、今月は劈開用のモンゴル岩塩を持ち込んでくれた人がいました。

釘とハンマーでたたくだけなのですが、とてもきれいな面が現れるのです。
c0171980_22304671.jpg


この形を見ると、とても塩だとは思えませんよね。
でも、なめるとやっぱりしょっぱいです(笑)

うまくいくと、こんな立方体ができます。
c0171980_22312682.jpg


ただし、立方体を作ろうとしても、なかなか思うところで割れてくれないので、さらに熱が入ってやめられなくなってしまうのです。
これ、絶対にハマります。

そして、次は安価で簡単につくれる手づくりダイオード温度計です。
これは、断熱圧縮や断熱膨張の温度変化を調べています。
c0171980_22362123.jpg


鉄球の落下点の温度を測って、位置エネルギーが熱エネルギーに移り変ったことを調べたりもしました。
いろいろな計測に応用できそうです。

毎回、たくさんの刺激をもらって、明日からまた頑張らなきゃ、という意欲が湧いてくるのです。
[PR]
by Rika_Joppari | 2008-12-21 22:50 | 実験・観察・研修 | Trackback | Comments(4)

ハトの骨格標本

私の職場では、鳥が窓ガラスに当たって死んでしまうことがたびたびあります。

そして、そういう鳥の死骸が見つかると、その情報は必ずといっていいほど私のところに届くのです。

昨日も、
「あそこに鳥が死んでるんだけど・・・。」

そう言われたら、
「あ、そう。」
では済みませんよね。

そして、回収作業に入るのです。
今回は、キジバトでした。

「もう少しで冬休みなので、標本をつくる時間はたっぷりあるな。」
なんて考えながら、いつものように新聞紙に包んで冷凍室に入れました。

思い出せば、私が最初に骨格標本を作ったのは、生徒が持ち込んだドバトでした。
あのときはまだ、骨の形でどこの骨か判断できず、組み立てるのに相当苦労しました。
そして記念すべき第1号の標本が、これです。
c0171980_2152357.jpg


これは今でも、私の宝物です。

もうひとつの翼と足も、こんな風になってます。
c0171980_363924.jpg


それ以来、鳥類の全身骨格標本が、ダチョウ・ヒヨドリ・フクロウ・カラス・・・
と増えていき、もう病みつきになってしまいました。


キジバトを理科準備室の冷蔵庫の冷凍室に入れようとしたら、他にも鳥が入っているのを思い出しました。
見ると、スズメ2羽、ハクセキレイ1羽、ホオジロ1羽、アオバト1羽・・・
それに、一番大きなスペースを占領しているのが、あのイルカの頭。

もう、冷凍室は満員御礼でヤバイ状態です(^^;
冬休みは、忙しいな・・・。
[PR]
by Rika_Joppari | 2008-12-19 03:31 | 動物 | Trackback | Comments(10)

オリオン座

近ごろこの時期には珍しく、天気の良い日が続いています。
昨年の今ごろは、すっかり雪に埋もれていたのに、今年はまだ雪がありません。
いつも通る農道に、天気がいいとオリオン座が真正面に大きく見えるスポットがあります。
今日も帰りにそこを通ったら、ちょうど雲が切れてオリオン座がきれいに見えていました。

あ〜、三脚があればな・・・。
と思いながら、いつものように車のボディーにカメラと身体をぴったりとくっつけて、オリオン座の撮影を試みてみました。

何枚も撮ったのですが、どうしても手ぶれでうまく撮れません。
それでも懲りずに何枚も取り直して、やっとこの一枚が撮れました。
c0171980_222318.jpg


ファインダーを覗いても何も見えないので、大体このあたりだろうと見当をつけてレンズを向けています。
左上の赤い星ペテルギウスがやっと入っていてよかったです。
もう少し何枚か撮りたかったのですが、だんだんと雲が近づいてきて星を隠してしまったので、ここで終了でした。

寒空の下、しばらく写真を撮っていたので、あたたかい缶コーヒーでも買おうと、途中コンビニに寄り、車を降りました。
明るいところで見て初めて気づいたのですが、車のボディーがひどく汚れているのです。

あ”ー!
さっき、この汚れを服で拭いちゃったんだな〜 (T_T)
[PR]
by Rika_Joppari | 2008-12-17 22:16 | 空・雲・星 | Trackback | Comments(2)

雪の輝き

今日は朝から良い天気で、昨日積もった真っ白い雪をまぶしく照らしていました。
c0171980_16253569.jpg


これは、ベニシタンの実でしょうか。
雪のベレー帽を斜めにかぶって、ちょっと重たそうです。
c0171980_16264182.jpg


紅葉した葉にも、雪がちょこんと乗っていました。
c0171980_16321232.jpg


コムラサキもうつむき加減で、寒そうにたたずんでいました。
c0171980_1633393.jpg


これから約3ヶ月間、雪の下でじっと春を待つ植物たちに、強い生命力を感じますね。
[PR]
by Rika_Joppari | 2008-12-14 16:39 | 自然 | Trackback | Comments(2)