「ほっ」と。キャンペーン

Go! Joppari

jopparika.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

インフルエンザ

火曜日の夜から急に猛烈な発熱。
インフルエンザA型と診断されました。

3日間39度以上の熱にうなされ、朦朧としていました。
今日はようやく38度台に下がって、なぜかスッキリした気分。
まだこんなに熱があるのに・・・。

ただボーッとして横になっていると、結婚式を思い出したりして涙が出てきてしまうので、本なんか読んでみたりして。
本当は安静にならないのだろうけど。
c0171980_2017345.jpg


熱が出る前に買っておいた本なのですが、今の私にちょうどピッタリな本でした。
なるほど、この高熱は私の体がウィルスの増殖を防ごうとしているからなんだと納得。

本当なら今夜、夜行列車に乗って、明日から札幌で行われる理科の合宿研に参加するはずだったのに。
完治するまではしばらく大人しくしてないとなぁ〜。
[PR]
by Rika_Joppari | 2009-01-30 20:40 | ひとりごと | Trackback | Comments(12)

神戸花鳥園

土曜日の午後、神戸観光をする時間があったので、神戸花鳥園というところに行きました。

まず、入り口を入るなり驚いたのは、世界中から集めたたくさんのフクロウやミミズクのお出迎え。

夜行性の彼らはきっと昼間は寝ているのでしょうから、目をつぶっていたりあまり動かないのが多かったのですが、かわいらしい顔や姿に思わず顔が緩みっぱなしでした。

このモリフクロウみたいに、ウインクをしているフクロウも結構いまいしたよ。
c0171980_42813.jpg


足を見るとわかるのですが、多くのフクロウやミミズクが片足で立っているのです。
彼らは寝るとき片足で寝るのかしら?
片方ずつ足をあたためているのでしょうか?
さすがに肉食動物、爪はものすごく鋭いですね。

フクロウショーというのがあったので、見に行きました。

小型でかわいらしいコノハズク。
オレンジ色のぱっちりとした大きな目が魅力ですね。
c0171980_48837.jpg


フクロウやミミズクは、首がよく回ります。
最高で300°くらいまで回るそうですよ。
c0171980_4111763.jpg


フクロウは、見た目は首が短いように見えますが、実は首の骨はたくさんあってとても長いのです。
そして、フクロウの眼球は私たちのように球形ではなく、後ろが平らになっていて目玉をキョロキョロと動かすことができないんですよ。
なので、首を回してあたりを見渡しているのです。
おもしろいですよね。

この子はけなげに、調教師のお姉さんの言うことをよく聞いて、立派なショーを見せてくれました。

こちらは大きなワシミミズク。
ご褒美にもらっているエサは、羽根や骨のついたままの鶏だそうです。
c0171980_4264248.jpg


口からはみ出して見えているのは、鶏の足ですね。
これならちゃんとペリットも出してくれそうです。
[PR]
by Rika_Joppari | 2009-01-27 04:30 | 動物 | Trackback | Comments(6)

空からの眺め

昨日の天気予報では今日は大雪で、飛行機が飛ばないのではと心配していましたが、どうやら荒れる時刻が少し遅れたようで、朝は天気が良く、飛行機は無事に飛んでくれました。

私は飛行機は夜の便に乗ることが多いので、明るいときに飛行機に乗ると、ついつい空からの写真を撮りたくなってしまいます。

ポコポコしてて、まるで大きな綿あめのような雲海。
c0171980_0413137.jpg


ここら辺は秋田県上空だったかな。
きっと下界は大雪なのでしょうね。

そうしているうちに、私が座っている側と反対側の窓に、なんだか富士山らしき山が見えているではありませんか!

雲の上に、頂上の部分だけを出した富士山。
窓の近くで撮りたくても、飛行機は満席で席を移動することはできません。

仕方がないので、通路を挟んで反対側の窓に望遠レンズを向けて、なんとかこの写真を撮りました。
c0171980_047793.jpg


窓の枠が入っていたので、ほんの少しトリミングしています。

やっぱり富士山は、どこから見ても美しい形をしていますね
[PR]
by Rika_Joppari | 2009-01-25 00:56 | 空・雲・星 | Trackback | Comments(8)

明日は神戸

明日の朝、家族で神戸に出かけます。

なぜかというと、日曜日に娘の結婚式があるからなのです。

こんなに早くこの日が来るとは、夢にも思っていなかったのですが、こればかりは仕方ありませんね。

昨年4月から娘が神戸で勤め始めたので、ゴールデンウィークには早速娘のところに遊びに行きました。
大学を出たばかりの娘と2人で、初めての神戸をいろいろ探検したのでした。

少し前、パーティーで使うらしく、子どものころの写真を送ってほしいと頼まれて、押し入れから久しぶりにアルバムを引っ張り出したのです。
ところが、赤ん坊のころの写真はすごくたくさんあるのに、小学校以降の写真はほとんどないのです。
あっても、遠足や運動会の写真ばかり。
どこの家庭もそうでしょうかね〜。

下の娘の写真はもっと少ないのですから、下の子が結婚する時にはどうしよう(^^;

これは去年の4月29日、明石市立天文科学館に行ったときに撮った写真です。
c0171980_3432080.jpg


「時のギャラリー」という展示室で、鏡の中に無限に繰り返される娘の姿です。

これだけたくさん娘のコピーがいたら、ひとりくらいはずっと家に置いておけるんだけどな。
[PR]
by Rika_Joppari | 2009-01-24 03:52 | ひとりごと | Trackback | Comments(10)

朝日

今朝はいつものように家を出て、路地を抜けて広いバイパスに出ると、やけに朝日がきれいに見えていました。

進行方向の右手側に見える太陽を、チラチラ見ながら運転していて、
「ああ、写真撮りたいな・・・」
と思いながら、車の流れを止めることもできず、どこかで止まれるところはないかなと探しながら、走り続けていました。

こういう時って、太陽がものすごく速く昇っていってしまうような気がして、悔しい思いをするのです。
遠い山並みから見え隠れしていた太陽は、どんどん山から離れて行き、だんだん霞もかかってきてしまいました。

やっと細い道に曲がって、急いで車の窓を開けてシャッターを数回切ったのですが、やっぱりうまく撮れていませんでした。
でもまあ、雰囲気だけはわかるでしょうか。
c0171980_22347.jpg

c0171980_222138.jpg


国立天文台の情報では、青森市の日の出の時刻は、1月4日が最も遅く7:04でした。
21日のこの日は、それより8分ほど早くなっています。
今までは、まだ薄暗いうちに家を出ていたのですが、これからだんだん日の出の時刻が早くなり、明るい空の下を走れるようになるでしょう。
[PR]
by Rika_Joppari | 2009-01-22 02:14 | 風景 | Trackback | Comments(4)

ウーパールーパー

5日ほど前から、我が家にウーパールーパーの赤ちゃんが仲間入りしていました。

職場の同僚が飼育しているウパちゃんが卵を産み、孵化したものをいただいたのです。
本当は、卵のうちにもらって観察したかったのですが、持ってくるのに都合のいい日を選んでいたら、そのうちに孵化してしまったのです(笑)

初めは体長1cmくらいだったのですが、もうすでに1.5cmほどになっています。
おそるべしウーパールーパー。
成長がものすごく速いです!

エサはブラインシュリンプを孵化させてやるのですが、実は最初この卵を孵化させられなくて苦労しました。
卵を食塩水に入れて、28℃くらいに保っていれば24時間で孵化するのですが、我が家は夜が冷えるので、孵化してくれなかったのです。

そこで最終手段、昨夜は食塩水と卵の入ったペットボトルを布団の中に入れて、抱いて寝たのでした。
そうしたら、今日みごとに孵化してくれて、やっとエサを与えることができたのです。
ホッ(^^;

ウーパールーパーがもう少し大きくなって、アカムシなどを食べられるようになるまで、毎日ブラインシュリンプと添い寝しなければなりませんね。

まだ小さくて、ようやく目ができてきたばかりなのですが、初お披露目。
これが我が家のウーパールーパーです。
c0171980_2412114.jpg


うん、さすがセキツイ動物。
体の真ん中に一本筋が通っています。
c0171980_2421152.jpg


これはお腹側からみたところ。
心臓がドクドク動いていて、消化器官もしっかり見えています。
c0171980_243824.jpg


今、4匹いるのですが、これが全部大きくなったら、バカでかい水槽が必要になりますね。

ちょっとコワいかも・・・。
[PR]
by Rika_Joppari | 2009-01-20 02:54 | 動物 | Trackback | Comments(4)

霧箱

放射線は普通目に見えませんが、それを目に見えるようにする道具がいくつかあります。
今日は理科サークルの例会で、放射線を見るいろいろな実験を行いました。

その道具のひとつで、ごく簡単につくれるものが、霧箱です。
タッパーのような容器の内側にスポンジを取り付け、そこにエタノールをしみ込ませ、容器をドライアイスで冷やすと、中にエタノールの霧ができます。
c0171980_23593120.jpg


この中に放射線が飛ぶと霧が凝結して、飛跡が見えるのです。

これは、棒の先に微量の閃ウラン鉱石がついています。
四方八方に煙のように広がっているのが、放射線の飛跡です。
このように、真っすぐな飛跡を描くのは、α(アルファ)線です。
c0171980_02405.jpg


この写真は、左斜め上に向かって、点々がつながったような飛跡ができています。
これは、β(ベータ)線の飛跡です。
c0171980_071946.jpg


青森県は、現在稼働中の東通原子力発電所をはじめ、六ヶ所原子燃料サイクル施設ではウラン濃縮・放射性廃棄物埋蔵・貯蔵管理、さらに再処理工場・MOX燃料工場へと計画が進められています。
そして昨年5月に着工された大間原子力発電所では、濃縮ウランだけでなくMOX燃料を装荷できる発電所として建設されています。

日本国内で原子力最先端の県に住む私たちは、もっと原子力エネルギーや放射線について正しい知識を持ち、子どもたちにも教えていかなければなりませんね。
[PR]
by Rika_Joppari | 2009-01-18 01:06 | 実験・観察・研修 | Trackback | Comments(0)

防水

ハクチョウの写真で、もう少し引っぱります。

鳥類は、尾羽の付け根に油の出る突起物(油脂腺)があります。
鳥が羽づくろいをするとき、この油をくちばしにつけて、羽根全体に塗っているのです。
ハクチョウなどの水鳥は、特にこの腺が発達しているのは想像できますね。

ヒトは全身の毛穴に脂腺があるので、わざわざこうして塗らなくても、自動的に全身に脂が行きわたるのです。
もし、ヒトも鳥のように脂腺が1ヶ所にしかなかったら、毎日手で全身に脂を塗らなきゃならないので大変ですね。

まあ、このハクチョウも、毎日きちんと羽づくろいをしているので、頭を水から出した直後も、このとおりしっかり水をはじいています。
c0171980_0394474.jpg


あ、くちばしの届かない頭は、どうやって脂を塗っているのでしょうか。

そう、頭を体にこすりつけて塗っているのですよね。

ほら、背中の上の水も水滴になって、レンズのように光を集めています。
c0171980_0421882.jpg


こちらでは、鳴き交わしをしていますね。
この4羽は家族でしょうか?
c0171980_044765.jpg


舌を使って声を出しているように見えますね。
ハクチョウは飛びながら鳴いたりもするので、ものすごい肺活量なんでしょうね。
[PR]
by Rika_Joppari | 2009-01-15 00:52 | 動物 | Trackback | Comments(2)

オオハクチョウ

昨日のハクチョウ飛来地での写真の続きです。

ハクチョウって、あの大きな羽根を広げているところが、やっぱりダイナミックで素敵ですよね。
いろんな姿を見せてくれるオオハクチョウに、ついつい見とれてしまいました。

う〜んと首を伸ばして、羽根をバタバタさせている君。
おやおや、黒い靴下を履いているんだね(笑)
c0171980_23403565.jpg


おぉーっ!
目の前を、優雅に飛んでいった! カッコいい!
c0171980_23472921.jpg


お次の君は、着水する場所を探してるの?
おや? 君はコハクチョウかい?
c0171980_022344.jpg


私も、こんな風に水の上を走ってみたいな〜。
c0171980_0134460.jpg

c0171980_014245.jpg

c0171980_0144536.jpg


翼を膨らませて空気をつかんだり、先端を微妙にしならせたり、見事に空気を操っているようですね。

こんなに大きな鳥が、3~4千Kmも空を飛んでくるなんて、本当にすごい体力ですよね。
ハクチョウさん、えらいなー。
[PR]
by Rika_Joppari | 2009-01-14 00:42 | 動物 | Trackback | Comments(4)

水と光と鳥

3連休の最終日の今日は、天気がいいのでカメラを持って外に出ました。

平川のほとりで、こんなにのどかな風景を見つけました。
c0171980_2211552.jpg


ここは、白鳥飛来地とされている場所です。

「生態系を守るために、鳥にエサを与えないでください」
と書かれた大きな看板もあるのですが、そんなことはなんのその、近くで大きな袋から米をバラバラと撒いている人がいました。
おかげで、たくさんのオナガガモに周りを囲まれてしまいました。

今日はここでたくさん写真を撮ってきました。
まずは、逆光がきれいに撮れた写真を2枚アップします。
c0171980_22234575.jpg


c0171980_222493.jpg


水と光と鳥。
この被写体なら、素人の私でも、まあまあ絵になりますね。
[PR]
by Rika_Joppari | 2009-01-12 22:26 | 風景 | Trackback | Comments(4)