Go! Joppari

jopparika.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ベンケイソウ

最近、体調を崩したり仕事が忙しかったりで、理科準備室のベンケイソウに水をやるのを忘れていました。
まあ、それでも肉厚な葉に水分をため込んでいる植物なので、少しくらい水をあげなくても大丈夫だと、いつも手を抜いているのですが(^^;

久しぶりに水をやりに部屋に入ってみたら、コダカラベンケイソウの葉が、かなり枯れていました。
落ちている枯れ葉を一枚つまんでみると、なんとびっくり!
葉はすっかりしおれてしまっているのに、その周りについている腋芽は水々しい緑色をしていたからです。
c0171980_1275951.jpg


子は親の葉の栄養分をすべて吸いとって、今まで生きていたのでしょうね。
水不足になった親は、次の世代に命をつなげるために、自分の体の一部を落としたようにも思えます。
生物の暮らしに無駄なことなどないのでしょう。

手入れを怠らなければ、こんなにツヤツヤな葉を広げてくれるのですが・・・。
c0171980_1443414.jpg


セイロンベンケイソウは背丈が2mほどになり、もう天井に届いてしまって、花を咲かせています。
c0171980_29369.jpg


セイロンベンケイソウの花はよく咲いてくれるのですが、種子がとれたことがありません。
どんな種子なのか、一度見てみたいものです。

それよりもまず、種子ってできるのでしょうか?
[PR]
by Rika_Joppari | 2009-02-28 02:25 | 植物

青色防犯灯

家から職場までの途中、田舎舘(いなかだて)という村を通ります。

何とも田舎の村らしい名前なのですが、ここを通るといつも、他と違う雰囲気を感じるのです。
それはきっと、青色防犯灯が多いからなのでしょうね。

犯罪を減少させると言われるこの青色防犯灯は、ここ田舎舘で近ごろ多くなったなぁと感じるのですが、街の景観にも大いに役立っていると思います。
青色は人の副交感神経に作用して、気持ちを落ち着かせる効果があるので防犯効果が期待できるということなのですが、田舎館村の犯罪件数は減っているのかどうか尋ねてみたいですね。

今日も帰り道、ここを車で走りながら、ぼんやりとこの美しい景観を楽しんでいました。

中学校の前を通り過ぎたあたりで、一瞬チラッと何か脳裏に残る景色が見えたので、車をUターンさせて戻ってきました。
すると、遠く岩木山の百沢スキー場の照明と、手前の青色防犯灯が並んできれいな夜景をつくり出していました。
c0171980_0542591.jpg


ちょっと幻想的だと思いませんか?


実はこの写真を撮るとき、カメラの三脚代わりになりそうなちょうどいい高さの看板が建物の横奥にあったので、そこまで行こうと雪に足を踏み入れた途端、ズボッとはまって倒れてしまいました。
ちょうど足を置いたところが、側溝だったのです(/_T)
それでもめげずに、起き上がってさらにもう1歩踏み出すと、またズボッ!
看板の手前にもうひとつ側溝がありました(T_T)

やっと看板までたどりついて、写真を撮ろうとしたら、カメラもレンズもびょしょびしょ・・・
結局、車まで戻ってカメラを拭いて出直す羽目になりました。

(なんでいつも、こうなるわけ? これじゃまるでコントじゃん)
・・・と、心の中でつぶやく私。
[PR]
by Rika_Joppari | 2009-02-27 01:14 | 風景

ウィルス

今年は、どうもウィルスに好かれているみたいです。

先月はインフルエンザでひどい目に遭ったのですが、昨日はウィルス性胃腸炎で死んでいました。

夜中に急に吐き気をもよおして目を覚ましました。
そして、トイレに直行。それが悲劇の始まりでした。

昨日は夕食まで何を口にしても、胃が受け付けませんでした。
テスト前で気が引けましたが、仕事も休みました。

胃痛と吐き気でぐったりしながら、横になってテレビをつけると、アカデミー賞授賞式が中継されていました。

「あー、そう言えば今日だったな。」

と思って、しばらく見ていましたが、外国語映画賞で「おくりびと」がオスカーをとったシーンには、なぜか感動して涙が出てしまいました。
レッドカーペットでは、
「広末涼子のドレスは、なかなかセンスがいいな〜」
なんて思って見ていたのですが。

うつらうつらしながら見ていたので、見逃してしまったのですが、助演男優賞にヒース・レジャーが受賞したことを後で知りました。
きっと、このシーンも見ていたら、もっと泣いていただろうなと思います。
故人でオスカーをもらった人は、ヒースで二人目だそうです。
私は「パトリオット」でのヒース・レジャーがとっても好きでした。
その後も、「ロック・ユー」「ブロークバック・マウンテン」などいい作品を残して、好きな俳優の一人だったのですが、突然の死には本当にショックでした。

なんだか、思いついたことをつらつらと書いてしまいました。
今日は病み上がりで、話も支離滅裂ですね。

決してワインは飲んでいません(笑)
[PR]
by Rika_Joppari | 2009-02-24 23:28 | ひとりごと

宇宙へのあこがれ

今年はガリレオが望遠鏡ではじめて宇宙を観測してから400年目ということで、「世界天文年」と定められています。

巷では、24日に地球に最接近するというルーリン彗星の話題でにぎわっていますが、この天気ではそれを見ることも期待できませんね。

最近家にいて一番の楽しみは、この本を読むことなんです。
c0171980_2224142.jpg


単行本なので持ち歩かず、家にいるときにだけ読んでいるのですが、おもしろくて読んでいるとつい時間を忘れてしまいます。
この週末はテスト問題をつくらなければならなかったので、なかなか読む時間がとれませんでしたが、ようやく3分の2くらいまで読み進めました。

学生の頃から宇宙にはとても興味があり、いろいろな本も読みましたが、この本は多くの宇宙論の本にありがちな数式や図(写真やイラスト)がまったくないのでびっくりしました。
唯一出てきた数式が、あの有名なアインシュタインのE=mc2だけなのです。

科学エッセー集なので、ひとつひとつの話題がコンパクトにまとめられていて、内容もすごく分かりやすく、独特のユーモアとセンスにぐいぐいと引き込まれてしまうのです。
私もこんな文章を書いてみたいものだなぁ〜と思わされてしまいます。

これからまだ、明日の授業のプリントもつくらなくちゃいけないのですが、はやいとこ終わらせて、またこの本の続きを読まないと!

興味をもったら、こちらへ。
ブラックホールで死んでみる―タイソン博士の説き語り宇宙論 ニール・ドグラース・タイソン (著), 吉田 三知世 (翻訳)
[PR]
by Rika_Joppari | 2009-02-22 22:33 | ひとりごと

暴風雪の朝

昨日ノースウエスト機を乱気流に巻き込んだ低気圧が北上し、現在青森県内全域に暴風雪警報が発令されています。

夜が明けて、風はいくらか弱まったものの、まだ外は時折ピューピューと音を立てて風が吹き荒れています。

玄関横の窓から外を見ると、風で雪が吹き寄せられて山になっているところや、逆に地面がうっすらと見えているところなどがあります。
c0171980_734615.jpg


小屋の屋根には、風が吹いたあとの模様がきれいに残っていました。
c0171980_7345749.jpg


今日は午前中から出かけようと思っていたのですが・・・

午後からにしようかな・・・。
[PR]
by Rika_Joppari | 2009-02-21 07:57 | 自然

吹雪

ここ3日ほど、今まで降らなかった分の雪が一気に降ってきたように、毎日豪雪です。
今夜は特に風が強く、家がゆさゆさ揺れて屋根が飛ぶのではないかと思いました。

先ほど歯を磨こうと、1階の洗面所に行ったら窓ガラスが真っ白に見えるので、ここまで雪が積もっているのかと思ってびっくりしました。

2重窓の内側を開けると、外側の窓ガラスに雪がビッシリ!
c0171980_2595147.jpg


反対側の窓も、
c0171980_313052.jpg


吹雪で雪がガラスに当たって、こびりついていたのでした。

夜、外を歩いたときに、空を見たら全体が淡いオレンジ色に光っていました。
街の灯やスキー場のライトが空の雲に反射しているのでしょう。
すごく不気味な空でした。

あ〜〜、寒い!
[PR]
by RIka_Joppari | 2009-02-21 03:08 | 自然

サメの脳

魚市場で買ってきたサメの頭は、半分に切られていたので、裏返すとその鮮やかな切り口が見えました。

軟骨でできた頭蓋骨の中に、ちょうど脳がよく見える位置で収まっていたので、つい「ラッキー!」って思っちゃいました。

眼球と繋がっている神経(左右交差しているので視交差といいます)や、大脳・小脳・延髄がハッキリとわかります。

その脳の写真をアップしますが、ちょっと表面に血管なんかが走っています。
見ても平気だよという人だけ、クリックしてくださいね。

ここをクリック
[PR]
by Rika_Joppari | 2009-02-18 02:53 | 動物

アブラツノザメ

青森では、サメは普通の家庭の食卓に上る食材です。
アブラツノザメの切り身は、スーパーなどにいつも並んでいます。

魚市場にいくと、このサメが頭付きで半身になって売られていました。
サメは軟骨魚類といって、骨はすべて軟骨なのです。
サメの頭の軟骨は、湯がいてたたいて、酢和えなどに使います。

ちょっと料理をする前に、頭を観察してみました。
c0171980_1581726.jpg


なんだか、魅惑的な目をしていますね。
目の左側にある穴は噴水孔です。
用途は名前とは逆で、ここから海水をエラに送り込んで、呼吸をするのです。

目の右側にある孔は、鼻孔です。
サメの鼻は一方から海水を入れ、もう一方から出してます。
これで海水で薄められた血液などを嗅ぎつけているのですね。

眼球は薄い軟骨で周りをがっちり取り囲んでいるようでした。
たぶん水圧に耐えるようになっているのでしょう。
中にはほとんど球形をした水晶体が入っています。
c0171980_2101078.jpg


球形ですから、かなり焦点距離の短いレンズです。
c0171980_2111229.jpg


市場のおばちゃんと話をしていたら、後ろの方にヒレばかりが発泡スチロールの箱に入れられているのに気づきました。

「それはどうするの?」

と尋ねると、中華料理店に卸すのだそうです。
フカヒレスープの材料になるのですね。
なるほど・・・。

ということで、一枚写真を撮らせてもらいました。
c0171980_215767.jpg


フカヒレに使うのは胸びれだけで、背びれや尾びれは使わないのだそうです。

でも、このヒレが材料なら、フカヒレスープってもっと安くてもいいと思うけど。
[PR]
by Rika_Joppari | 2009-02-17 02:23 | 動物

雪解けのつづき

昨日までの雨で、さらに雪解けが進みました。

今朝、再び例の「穴」を見に行きましたが、昨日は雪で隠れていた場所からも、たくさんの通路が現れていました。
c0171980_14233956.jpg


昨日takeさんがコメントしてくださいましたが、草を食べた痕があれば、ハタネズミの可能性があるとのこと。

どれどれ、よ〜く探してみると・・・
ここなんか、葉を食べた痕のようにも見えますね。
c0171980_1431268.jpg


そして、足下を見てさらに感動を覚えるのが、この植物たち。
木の根元や斜面で他よりも早く雪がとけた場所では、この数日の間に、もう花を咲かせているのです。

ヒメオドリコソウや、
c0171980_14545830.jpg


オオイヌノフグリ。
c0171980_14553625.jpg


明日からまた冷え込むようですが、この花たちもまた雪を被ってしまうのでしょうか。
[PR]
by Rika_Joppari | 2009-02-15 15:05 | 自然

雪解け

昨日から降り続いている雨で、畑の雪もとけてしまいました。
ここの雪がとけるのは、いつも3月末頃なのですが。

2階の窓から何となく外を眺めていると、たくさんのスズメが地面で何かをついばんでいます。
c0171980_310184.jpg


体の色が、完全に周りの色と一体になっていますね。

カラスもやってきて、何かを見つけたようです。
c0171980_3112251.jpg


そうしているうちに、のら猫が登場。

カラスが来ても、動揺しなかったスズメたち、さすがにネコが近づくと一斉に木の枝に飛び上がって非難しました。
c0171980_3131130.jpg


ネコも何やら食べています。
草でも噛んでいるのかな?

雪がとけた畑には、どうやら彼らを引きつける何かがあるようです。

なんだろう?
下に降りて見てみたくなりました。


地面には食べ物らしき物は見つかりませんでしたが、下りてみてびっくりしたのはこの穴!
c0171980_3175383.jpg


こんな穴があちこちにたくさん開いているのです。

しかも、その穴から穴へ、しっかりと通路ができているのです。
c0171980_318567.jpg


まるでナスカの地上絵です。
こんな模様が、あちこちに広がっています。

雪がとける前に、雪の下でネズミが通っていた通路なのでしょうか?
それとも、雪がとけてから出てきて開けたものなのでしょうか?

いずれにしても、あたたかくなって、すでにいろいろな生き物が活動を始めているということですね。
[PR]
by Rika_Joppari | 2009-02-15 03:32 | 自然