「ほっ」と。キャンペーン

Go! Joppari

jopparika.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

拾いもの

部活動の練習の帰り、職場をでて少し行ったところに、異常な数のカラスが群がっていました。

これはきっと何かあると思い、車を降りて近づいてみました。
カラスは私に気付いてその場を離れると、やはり何か地面にあります。

これはイタチでしょうか。

からだの後ろの方は、かなりひどいことになっていたので、ぼかしています。
これでも、「気味悪い」という人、ごめんなさい。c0171980_23561432.jpg


先ほどまで群がっていたカラスは、まわりの木々にとまって私をぐるっと取り囲み、ひっきりなしに鳴いています。
きっと私に向かって、「おれたちの獲物を横取りするなよ!」って言っているのでしょう。
c0171980_235957100.jpg


「横取りなんかしないから。ちょっと写真を撮るだけだよ。」

とつぶやいて、車に戻りました。

そしてまた少し行くと、今度はもっと大きな動物が、また道路わきに横たわっているではありませんか。
再び車を停めて、近づいてみると、今度はウサギでした。
c0171980_07625.jpg


これは明らかに車に轢かれた跡がありました。
損傷もひどかったので、ちょっとげんなりして、また車に戻りました。

走り出してはみたものの、頭の中では「やっぱり拾って、頭骨だけでも標本にすればよかったかな・・・」なんて、考えていたそのとき、

なんと、

また茶色い動物と、そのわきに2羽のカラス。

10mほど通り過ぎて車を停め、降りて近づいてみると、またウサギ。
腹側から見ると、内臓はきれいに食べられていて、すっかり空っぽになっていました。
背中側から見ると、このとおり。
c0171980_0153414.jpg


今日はこれで3つ目。
これはきっと、持っていけという天からのお告げだろうと堪忍して、持ち帰る決心をしました。
車のトランクには、こんなこともあろうかと、いつもゴム手袋と大きなゴミ袋を積んでいるのです(笑)

「でも、これを家に持って行っても置き場所に困るし・・・。」

結局、Uターンして学校に戻り、理科室の冷凍庫に入れてくることにしました。

職場が変わって大きな鍋がないので、まずは鍋を調達しなければなりません。
トホホ・・・。
[PR]
by Rika_Joppari | 2009-05-31 00:25 | 動物 | Trackback | Comments(10)

ゼニゴケ

ある日理科室で育てているパッションフルーツの鉢を見ると、いつの間にやら小さなゼニゴケが乗っかっていました。

いったい、いつ、どこからやってきたのでしょう?
そのうち教材としても使えるからと思い、そのままにしてしばらく観察しています。

最初はポツンとした、小さなかたまりだったのに、
最近メキメキ大きくなってきました。
c0171980_2423123.jpg


どんどん鉢の土を覆い隠してしまいそうな勢いです。

葉状体の表面には、盃状の無性芽器がいっぱいできてきました。
近くで見ると、中にたくさんの無性芽が詰まっています。
c0171980_2471038.jpg


これだから、どんどん殖えるわけですよね。
雄器托なのか、雌器托なのか、出てくるのが待ち遠しくて仕方ありません。

なんか、パッションフルーツよりも、こちらを育てているみたいです(^^;
[PR]
by Rika_Joppari | 2009-05-29 02:58 | 植物 | Trackback | Comments(2)

アローコプター

だいぶ前のことになりますが、ゴールデンウイークに池袋の東急ハンズで、こんなものを見つけました。
c0171980_3371172.jpg


これ、知ってますか?

プラスチックでできた竹とんぼみたいなものなのですが、ゴムでビューンと空高く飛ばし、落ちてくるときには羽根が開いてクルクルまわりながら落ちてくるのです。

実はこれ、私がはじめて見たのは、3年前の暮れにインドに行ったときなのです。
大きな広場か公園のあたりで若いお兄ちゃんが飛ばして見せながら通行人に売っていたのでした。
これは、そのときの広場の写真です。
c0171980_3515429.jpg


好奇心旺盛な私たちは、そのお兄ちゃんのパフォーマンスに目が釘付けになってしまいました。
きっとインド人から見たら、いいカモが現れたと思ったのでしょう。
最初は確か1個100円くらい(50ルピー)と言っていました。
そのうちに、どんどん売れている様子を見てまわりの商売人も集まってきて、「うちはもっと安く売るよ」「50個で○○ルピーでどうだ?」「いや、100個で○○ルピー」と、どんどん値段が下がっていきまいした。
「生徒へのお土産にしよう」なんて言いながら、私たちは調子に乗ってまとめ買いをして、最後には1個20円くらいで買ったように思います。

探してみたら、まだそのとき買ったオモチャがありました。
c0171980_474663.jpg


それにしても、これがハンズで714円で売ってるなんて、ビックリしました。
[PR]
by Rika_Joppari | 2009-05-27 04:11 | ひとりごと | Trackback | Comments(2)

ラッキーな日

今日の天気は予報では雨だったのですが、朝から日の光が差し込んでいました。

学校の校庭の真上には、あいにく灰色の雲が居座っていて、ときどきぱらぱらと雨を降らせていましたが、生徒が急に大きな声で「わぁ〜!山、きれい!」って叫ぶので、後ろを振り返ると、ちょうど雲の切れ目から差し込んだ光が山肌を照らして、その部分だけが異様に美しく輝いて見えていました。

急いで校舎の反対側に停めてある車に戻って、カメラを持ってきたときには、そのときより少し鮮やかさに欠けていて残念でしたが、これでも少しは雰囲気が伝わるでしょうか。
c0171980_2140359.jpg


お昼ご飯を買いに、コンビニまで車を走らせていると、途中道の脇に真っ白なじゅうたんを敷きつめたような場所を見つけました。
あまりの美しさに、ここでも車を停めて写真を・・・。
c0171980_2143462.jpg


リンゴの白い花は、もうすでになくなってしまいましたが、今度はその下にこんなに白い綿毛が一面に広がるとは、予想もしていませんでした。
c0171980_21463074.jpg


今日は2回も美しい風景に出会えました。
[PR]
by Rika_Joppari | 2009-05-23 21:50 | 風景 | Trackback | Comments(6)

巣と卵

今日は雨降りだったので、スポーツ交流センターでの部活動でした。

練習が終わり、親のお迎えを待っている生徒とセンターの入り口で話をしながら、通路わきの植え込みを何気なく覗くと、急にバタバタ!っと小鳥が飛び出して飛んでいきました。
私と生徒は、まさかこんなところに小鳥がいるとは予想もつかなかったので、ひどくビックリして慌てたのですが、落ち着いてその小鳥の居たあたりを覗いてみると、何とそこには巣があり、中に卵があるではありませんか。
c0171980_1115187.jpg


急に小鳥が飛び出してきて、私たちもビックリしましたが、きっと卵を温めていた親鳥の方がもっとビックリしたのでしょうね。

この場所を離れれば、きっと親鳥が戻ってくるだろうと思い、離れて様子を見ていると、やはりすぐにあたりを警戒しながら小鳥が戻ってきました。
もうすでに暗くなっていたので、遠くからは鳥の種類まで見分けられませんでしたが、急に目の前を羽ばたいて行ったときの様子を思い出してみると、ハクセキレイだったかな・・・という気がします。
卵の大きさは、ちょうどウズラの卵くらいの大きさです。長い方の直径で1.5cmくらいです。
この卵で、鳥の種類が分る方はおりますか?

これからもこのセンターには来ることがあるので、いつ孵化するのかときどき覗いてみようかな。

あんまり覗きすぎると、親は巣を放棄してしまうでしょうか?
[PR]
by Rika_Joppari | 2009-05-23 01:23 | 動物 | Trackback | Comments(5)

岩木山とリンゴの花

校内マラソン大会がありました。

非常に風は冷たかったのですが天気は上々で、走る生徒にとっては気持ちの良い気候だったのではないかと思いました。

マラソンコースに立って走ってくる生徒に声をかけていましたが、待っている間も長かったので、いろいろと写真が撮れました。

先日もアップしましたが、また場所が違うと雰囲気も変るので、再び岩木山とリンゴの花をアップしておきます。
c0171980_21344437.jpg


c0171980_2135229.jpg


c0171980_21351531.jpg


リンゴ畑が道路より少し低かったので、空に向かって伸びている枝を撮ることができました。

ここはやっぱり山に近いので、岩木山がひときは大きく見えますね。
[PR]
by Rika_Joppari | 2009-05-19 21:39 | Trackback | Comments(4)

岩木山にかかる虹

少し雨のぱらつく昨日の朝、岩木山には雲がかかっていましたが、山に向かって走っているとだんだんと虹が濃くなってきました。

こんなチャンスはめったにないですね。
ちょうど山の左右の裾から裾へ、橋を渡したように虹が架かっています。
c0171980_211226100.jpg


この日の午後は、小学校との合同で地域のゴミ拾いをする日だったのですが、朝は雨時々強風でした。
それでも、午後には日焼けが気になるほどいい天気になってしまいました。

こんな虹が見られた日は、やっぱりいいことがあるのですかね。
[PR]
by Rika_Joppari | 2009-05-19 21:17 | 空・雲・星 | Trackback | Comments(2)

貴船神社

職場の近くに「貴船神社」という神社があります。
c0171980_8341648.jpg


今まで前を通り過ぎるだけで中に入ったことがなかったので、興味津々で鳥居をくぐってみました。

中に進むと、ちょっと気になる小さな鳥居があり、その先はかなり長〜い階段が続いています。
その階段を上りきったところにはには小さな祠が見え、観音像でもあるのかなと思い、行ってみることにしました。
c0171980_935974.jpg


・・・とは思ったもののかなりきつい階段で、最初は軽快に上っていた足取りもだんだん重くなり、3分の2くらい上ったところで立ち止まり、ちょっとひと呼吸つきました。

足元を見ると、階段の垂直な部分にコケがびっしりついています。
何というコケかわかりませんが、この突起は雄器托でしょうか、それとも無精芽器でしょうか。
ポッカリ口を開けてこちらに向かって「ガンバ!」って言ってくれているように見えました。
c0171980_10512337.jpg


ようやく祠までたどり着くと、鉄製の重たそうな観音開きの扉が、50cmほど開いていました。
中は真っ暗で、近づいて覗いてみるまで中が見えませんでした。
どんな像があるのだろうと、ちょっと期待して中をのぞくと、なんとびっくり!

そこにあったのは、観音像ではありませんでした。

それは地面から突き出した岩でした。
しかも、紅白幕と日の丸で飾られたこの岩、なんだか意味深ですが、まわりを探してもこの岩を説明している立て札のようなものは全くありませんでした。
扉のすき間からしか写真が撮れなかったので全体が撮れず、なんだか変な継ぎ接ぎの写真ですが、雰囲気はわかってもらえるでしょうか。
c0171980_10592632.jpg


なんだかキツネにつままれたような気分で、石段を降りていきました。

この岩がどうも気になって、職場の人に聞いたりネットで検索してみたりもしたのですが、未だに何の岩なのかわかりません。
貴船神社というのは総本宮が京都にあり、全国に500以上の御分社があるそうです。

この岩が何なのか、ますます知りたくなりました。
[PR]
by Rika_Joppari | 2009-05-17 11:17 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

キジの親子

「おい、かあさん! 娘はどこ行った!」
c0171980_0303664.jpg


「おぉ〜。いたいた。 危ないからあんまり遠くに行っちゃダメだぞ!」
c0171980_0321545.jpg


「ほら、場所を変えるから、こっちに来るんだ。」
c0171980_0335729.jpg


「ちょっと急な坂だから、足下に気をつけろよ。」
c0171980_0424725.jpg


「かあさんはまだ来ないのか?」
c0171980_0435516.jpg


「おい、おい! またそんな遠くへ行くなって〜!」
c0171980_0444325.jpg

[PR]
by Rika_Joppari | 2009-05-17 00:46 | 動物 | Trackback | Comments(2)

通勤路

雨が続いているこのごろ、ポッカリと1日だけ天気の良い日が間に挟まりました。
いつもの通勤路。
岩木山の雪もだんだん少なくなり、下の方はずいぶん緑が多くなったなぁと感じました。
早朝だったのでまだ空気中に水滴が漂っているのか、視界はイマイチですが、フロントガラス越しに走りながら1枚撮ってみました(^^;
c0171980_231215.jpg


ちょうどこの日午後から出張で、普段では昼間に通ることのない通勤路を通ることができました。
右手に見える岩木山と広がるリンゴ畑が気になってし方がないので、道路脇に車を停めて、会議に遅れないように時計を見ながら撮影しました。
c0171980_2354171.jpg

c0171980_236169.jpg


やっぱり、リンゴの花に岩木山は、よく似合いますね。
この時期、昼間にこの場所から岩木山を眺められるのはラッキーでした。
午後からの会議に感謝です。
[PR]
by Rika_Joppari | 2009-05-15 02:46 | 風景 | Trackback | Comments(6)