「ほっ」と。キャンペーン

Go! Joppari

jopparika.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

コー太郎

我が家ではもうすっかりおなじみになっている、キジくん。
最近は明け方まだ暗いうちから、コー、コーと大きな声で鳴くものですから、その声で目が覚めてしまいます。
勝手にコー太郎と名前をつけました。

今朝もまたいつものお散歩コースを、ゆっくりと歩いて縄張りを確認していました。
c0171980_2355089.jpg


しばらくあたりを見回しているかと思うと、時々こんな風に首をのばして、雄叫びをあげて、
c0171980_239488.jpg


バタバタッと羽を鳴らします。
c0171980_242020.jpg


そして涼しい顔をして、また歩いていくのです。

我が家の窓から見える、朝の風景。
c0171980_247393.jpg


毎年ここに菜の花が咲く頃には、桜が開花するのです。
今日は職場の桜の木がやっと花開きました。
今週は桜の木の下で、生徒たちとお弁当が食べられそうです。
[PR]
by Rika_Joppari | 2011-04-27 02:50 | 動物 | Trackback | Comments(2)

北日本陸上競技大会

これまでにも、いろいろな部活動の顧問をさせられてきましたが、今度の職場では、陸上部になりました。
私の人生経験では陸上競技はほとんど縁がなかったので、今回も技術面の指導は全くできないのですが、これも仕方のないことなのです。

昨日と今日は北日本大会ということで部員を連れてきていますが、昨日は午後から雨が降り出し、びしょ濡れになりながらの応援でした。(>_<)

昨夜は一晩中強い雨が降っていたのですが、朝には雨も上がり、6:30集合場所に向かいました。
時折り雲の合間から日がさしてはまた暗くなるという空模様で、冷たく強い風が吹いているひどいコンディションの一日です。
早朝は、野球スタンド越しに、かろうじて岩木山が見えていました。
c0171980_18354694.jpg


雨で濡れているトラックには、もうすでにアップをしている選手が。
c0171980_183704.jpg


陸上競技の大会の引率ははじめてですが、今回は中学生だけでなく、高校~一般の競技も行われているので、見ていてなかなか楽しいです。

面白いなと思ったのは、陸上競技の応援団のかけ声の掛け方です。
野球にしても、バレーボールにしても、それぞれのスポーツで独特の応援の仕方がありますが、陸上にもそのようなかけ声があるとは知りませんでした。
選手が走っている間は、いけいけ○○、〜・・などと、聞き慣れた応援ですが、ゴールしたあと「せーの」と応援団の一人がかけ声をかけると、全員が声をそろえて「おつかれー!」と叫ぶのです。
最初、なんて言っているのかわからなくて、「ほっちゃれー」って何だ?って思っちゃいました。

今日も雨に降られ、強風に煽られて、かなり疲れましたが、初体験の陸上部はまあまあ楽しませてもらいました。
[PR]
by Rika_Joppari | 2011-04-24 12:08 | ひとりごと | Trackback | Comments(2)

職場探検

新しい職場になって3週間が経ちました。

渡り廊下で小学校の校舎とつながっており、とても広い校舎です。
体育館も2階建てで1階が小学校用、2階が中学校用となっています。
今週になって、ようやく空き時間に校内を探検する時間の余裕ができました。
まだどこに何の部屋があるのかしっかり覚えていませんし、まだ行ったことのないところもあるのですが、だいぶ全体像は理解できたと思います。

まずは3階の多目的室の窓から、岩木山を臨みました。
c0171980_2225395.jpg


すこしガスがかかっていましたが、やはり今までとはちがい、だいぶ遠くに見えます。

ズームしてみると、山頂の形もちがいますね。
c0171980_22282853.jpg


校庭の周囲には、桜の木が並んでいます。
ここ2〜3日は寒いので、まだつぼみはかたいですが、日当りのいいところは、だいぶピンク色が濃くなっています。
c0171980_2231831.jpg


校舎の陰になっている植え込みには、一面にゼニゴケが広がっていました。
近づいてみると、雄株ばかりで雌株はひとつも見られませんでした。
c0171980_2236926.jpg


今度はもう少し範囲を広げて、学校近辺の植物をチェックしようと思います。
[PR]
by Rika_Joppari | 2011-04-22 22:39 | ひとりごと | Trackback | Comments(2)

おとなりさん

今日は朝からずっと雨が降っていましたが、夕方の雨上がりに聞き覚えのある鳥の鳴き声が聞こえてきました。

そう、毎年春になるとお目見えするキジさん。
独特の大きな鳴き声は、湿った空気に響き渡るようでした。
c0171980_16372095.jpg


その声に負けんばかりに鳴き始めたのが、リンゴ畑のカラスでした。
c0171980_16403471.jpg


おや?
ファインダーをのぞいていると、からすの向こうに数羽のムクドリが。
c0171980_16444350.jpg


そうすると、その左の枝にヒヨドリを発見!
ほっぺたを少し赤らめて、なんともかわいい。
c0171980_16491778.jpg


窓の外に目を向けさせてくれたキジさん。
ホッとするひとときをありがとうね。

キジさんは再び雄叫びをあげると、お尻を向けて歩いていってしまいました(笑)
c0171980_16541951.jpg

[PR]
by Rika_Joppari | 2011-04-09 16:58 | 動物 | Trackback | Comments(2)

鬢鏡

以前から昔の鏡について調べていたのですが、先日偶然目にした論文に、鬢鏡のことが書かれていました。
鬢鏡とは、主に18世紀後半〜19世紀ころに使われた携帯用の鏡なのですが、それについて詳しく書かれた物はなかなか見つからなかったのです。
わからないと、よけいに知りたくなるのが人の常。
それが、灯台下暗しと言うか、見つけた論文は弘前大学人文学部の教授(関根達人教授)が書いたものでした。

早速、メールでコンタクトをとり、知りたかったことをいろいろと教えてもらいました。
そして、八戸で発掘調査をしたときに出てきた鬢鏡を持っているので、見せてくれるというのです。
実物が見られるなんて考えてもみなかったことなので、びっくりしたのとうれしいのとで有頂天になって、研究室を訪れました。

これは、八戸藩士だった野村軍記という人のお墓の副葬品なのだそうです。
わずかに凹面鏡になっており、大きく吹いたガラスを方形に切り取ったものだと考えられます。
表面は水銀アマルガム法による反射材が付着しているそうです。
c0171980_23541121.jpg


横から見ると、こんなに薄いことがわかります。
c0171980_025541.jpg


実際に見てみるまで、こんなに薄い物だとは想像もつきませんでした。
やっぱり実物を見ないとわからないことって、たくさんありますね。
こんなに壊れやすいものですから、資料が少ないのもうなづけます。

本当に貴重な物を見せていただくことができて、とてもラッキーでした。
[PR]
by Rika_Joppari | 2011-04-09 00:12 | 教育 | Trackback | Comments(0)

痛たたたっ!

昨夜(というかもう日付が変わっていましたが)午前1時ころ、畳の部屋で両足をのばして座っていて、足の上にノートパソコンを置いて仕事をしていたら、急に腰が痛くなって、体が動かせなくなってしまいました。
腰を伸ばすことも曲げることもできず、どうしようもなくてとなりの部屋で寝ている家族を携帯電話で起こして、助けてもらいました。

きっと数日前、前任校理科室から玄関まで、衣装ケースや段ボールに入れた私物を何度も運び出したので、腰にかなり負担がかかっていたのでしょう。
なんせ、理科室は3階。
階段を十数往復したのですから。
今日は午前中整骨院に行って診てもらい、少しは良くなったものの、まだ腰の痛みはあります。
1週間くらいは不自由な生活になるかもしれません。

我が家には2つの大きな水槽があり、ウーパールーパーとアフリカツメガエルが暮らしています。
私はその水槽を毎日台所に運んで、水を取り替えたり掃除をしてあげています。
今日からそれも家族の手を借りなければなりませんでした。

そろそろ世間のカエルは卵を産む季節なのでしょうか。
うちのソクラテスとプラトンは、去年の秋からずっと卵を産み続けています。
昨日もこのとおり。
でも、産んだ卵はすぐにソクラテスのエサになってしまいます。


最近は、こうして一日放っておいて、最後に残った卵だけを、別な水槽に移してふ化させることにしています。
それでも大量のオタマジャクシが残っているのですが(^^;

ソクラテスの腰にしがみついているプラトンは、何としても離れません。
きっとソクラテスも私みたいに「腰が重いよ〜」って言ってるんじゃないかな。
[PR]
by Rika_Joppari | 2011-04-03 22:58 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

岩木山とネコ

今日は2年間勤務した職場での最後の日でした。

いつも通るこの道も今日で最後かと思うと、やはり写真に残しておきたくなるものです。
毎日見ている岩木山ですが、実は毎日ちがう姿で通勤時間を豊かなものにしてくれました。
今日は残念ながら、山頂を見せてくれませんでした。
c0171980_2339124.jpg


山に向かう通勤路には、交通事故の犠牲になった動物たちによく出会いました。
そのうちのいくつかは、私のコレクションになっているのですが、今日はもうひとつGETできたものがありました。

それは、去年の春までさかのぼります。
部活動の練習中、生徒が学校の敷地内にネコの死体を発見しました。
そのネコは、ちょうど小屋と金網のすき間に横たわっていて、特に外傷もありませんでした。
でも、そのときはもうすでにかなり腐敗臭もしていたので、そのまま小動物と分解者に任せることにしました。
夏が過ぎ、秋も過ぎて、私は時々ようすを伺いながら見守っていました。
雪が降る前に回収しようと思っていましたが、ある日突然大雪が降り、そのまま根雪になってしまったのです。

転勤が決まってから、そのネコのことが心残りで仕方ありませんでした。
雪はなかなか融けないのでもう無理かなと思っていましたが、ここ2〜3日の温かさで一気に雪が融け、今日回収することができたのです。

ずっと以前から、ネコの頭骨標本が欲しかったのです。
今日は本当にラッキーでした。

一年近く土の上にあったので、色はずいぶん黒ずんでいますが、それもまたいい味出ています。
歯は下顎の門歯がありませんが、それ以外はすべてそろっていて、ほぼ完璧です。
c0171980_23564722.jpg

c0171980_23584789.jpg


マジでうれしいです。
今日はずっとこれ見てニヤニヤしていました(笑)
[PR]
by Rika_Joppari | 2011-04-01 00:01 | 動物 | Trackback | Comments(2)