Go! Joppari

jopparika.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

暑い日に

お日様がかんかん照りの暑い日に、県大会の公式練習がありました。

陸上競技場は日光を遮るものはなく、太陽の動きとともにテントがつくる日陰を追いかけて場所を移動しなければならない状態でした。

そんなとき、ふと足下を見ると、つながっているシオヤアブが・・・。
c0171980_232275.jpg


そのうち、このままの状態で2匹で飛んでいってしまいました。
トンボがつながって飛んでいるのはよく見かけますが、トンボは2匹とも同じ方向を向いていますよね。
このシオヤアブは2匹が反対方向を向いているのに、どうして一緒に飛べるのでしょうか?
片方がバックして飛んでる?

一体どうなってるのか、知りたくてしょうがなくなりました。

お昼で練習が終わり、帰ってきてから何気なく家のまわりの植物を見ていると、ここにはたくさんのマメコガネが!
c0171980_2384195.jpg


ざっと数えただけでも10組以上のペアがひしめき合っていました。

作物を食い荒らす害虫と呼ばれるのがよくわかります。
ほとんどの葉は穴だらけになっていました。
c0171980_23131237.jpg


こうして昆虫たちも、次の世代に命をつなぐのに必死なのですね。
[PR]
by Rika_Joppari | 2011-07-26 23:17 | 動物

今年初の

この夏はじめての、我が家の畑でとれたスイカです。
c0171980_20552156.jpg


大きい〜〜〜!

くだもの苦手な私ですが、スイカは数少ない食べられるくだもの。

ケーキ入刀ならぬ、スイカ入刀!

ザクリッ!



あーっ!
笑ってる〜〜〜〜(^o^)/

c0171980_20573226.jpg


ん〜・・・

味は、いまいち。
[PR]
by Rika_Joppari | 2011-07-21 21:00 | ひとりごと

スナメリ

天保山にある、大きな水族館、海遊館に行きました。

水族館は大好きなのですが、ここは大きなジンベイザメがいるということで、すごく楽しみにしていました。

水槽の中をくぐり抜ける大きなトンネルを抜けて、エスカレーターを上がっていくと、まずはせわしなく動き回るコツメカワウソの家族がお出迎え。
c0171980_2345877.jpg


水中を泳ぐ様子や、丘を走り回って愛嬌を振りまく様子がとってもかわいい!

お次はそれとはまったく正反対に、笑い顔で寝たまま動かないアザラシの家族。
c0171980_237014.jpg

c0171980_2391936.jpg


ジンベイザメの泳ぐ水槽では、大きな軟骨魚類たちが悠々と泳ぐ姿にしばらく見とれていました。
特にびっくりしたのが、大きなナンヨウマンタの背中にちょこんと乗っかって張り付いていたコバンザメ。
マンタがサメをおんぶして、子守りをしているみたいでした。
c0171980_23113297.jpg

c0171980_23162631.jpg


最後にとっても可愛かったのは、スナメリです。
一匹だけ違う水槽に入れられていたのですが、体全体がツルッとしているみたいで、自分でも体を床に何度もこすりつけるように泳いでいました。
あれは遊んでいるのでしょうか。
その仕草が、可愛いのなんのって!
c0171980_23204390.jpg

c0171980_23211942.jpg

c0171980_23213841.jpg


そしてまた、買ってしまったぬいぐるみ・・・
c0171980_2324033.jpg


あんまり長く見入っていたので、気づいたらみんな先に行ってしまい、私一人取り残されていました。

あー、またやっちゃった。
[PR]
by Rika_Joppari | 2011-07-13 23:33 | 動物

太陽柱

今回の旅行は往復とも羽田経由の便でした。

空に上がるとついつい、千差万別に姿を変える雲に、目を奪われてしまいます。
青森空港の朝は濃霧で、羽田からの機材が来ているか心配でした。
それでも定刻に離陸し、ほどなく美しい青空が見えてきました。
c0171980_231964.jpg

c0171980_22594892.jpg


帰りは伊丹からの便が窓側の席でした。
着陸前、何気なく外を見ると、小笠原諸島がきれいに見えていました。
右側の席で、ラッキー!
c0171980_233575.jpg


羽田での乗り継ぎが悪く、2時間も空港で時間をつぶさなくてはなりませんでした。
羽田を飛び立つともう日没の時間。
空が真っ赤に染まっていました。

あぁ、ちきゅうがまわってるなぁ〜なんて思いながら、次第に沈んでいく太陽を眺めていると、美しい太陽柱が現れてきました。
これもラッキー!!
c0171980_238242.jpg


窓側より、ひとつ内側の席だったのですが、となりの人にちょっと失礼して、写真を撮らせてもらいました。
どうもすみません m(_ _)m
[PR]
by Rika_Joppari | 2011-07-12 23:13 | 空・雲・星

京都散策

京都はこれまでに何度か訪れたところですが、観光以外の何か目的があって行くことがほとんどでした。
ですから、純粋に観光目的の京都は、中学校の修学旅行以来かもしれません。

例えば嵐山の竹林。
にぎやかな通りからほんの少し脇道に入っただけで、ひっそりと静まり返ったこの雰囲気。
ついつい耳をすまして野鳥のさえずりを探してしまいます。
c0171980_22324674.jpg

c0171980_2233366.jpg


金閣や清水寺のような観光名所を、こんなにゆっくりと見て回ったのははじめてのような気がします。

京都らしい風景にしっとりと浸ることができました。
c0171980_2238206.jpg


これは八坂庚申堂のくくり猿。
手足を縛られて身動きできないお猿さんの姿なのだそうです。
c0171980_2244479.jpg


人間の欲望が動き回らないように我慢して、心をコントロールするアイテムなのだそうです。
何気なくここを通りかかって、吸い寄せられるようにここに入ってしまいました。

ひと汗かいたあとは、冷たい抹茶ミルクで一息。
c0171980_22511854.jpg


とても厚かったけど、まったりとした一日でした。
[PR]
by Rika_Joppari | 2011-07-10 22:53 |

なにわの海の時空館

大阪市立海洋博物館(なにわの海の時空館)に行きました。
海に突き出したガラス張りの半球が美しい建物です。

展示室のある半球ドームまでは、海底のトンネルを通るようになっていました。
トンネルは青いライトで照らされていて、こんな風に幻想的な雰囲気を醸し出しています。
c0171980_21343848.jpg


ガラス張りのドームの所どころに網のないガラスがあり、そこから外が覗けるようになっています。
c0171980_21421615.jpg


ある展示室に、航海計器のひとつである六分儀が置いてありました。
c0171980_21536100.jpg


こういうものがあるのは知っていましたが、実際に使ってみたことはありません。
ここではじめて体験できるとは思いませんでした。
本当にこの場所の北緯を求めることができて、感激!

そしてこれはノクターナルといって、星を利用して時刻を知ることができる時計です。
c0171980_21565640.jpg


これも試してみたら、だいたい正確な時刻を割り出すことができました。
大航海時代に使われていたということですが、昔の人の天文学の知識というのはすごいなぁと改めて驚かされました。

もっと時間をかけてゆっくり展示室をまわりたかったのですが、出発時間が来てしまい、泣く泣くここを出ることになってしまいました。

ここはもう一度行ってみたい所です。
[PR]
by Rika_Joppari | 2011-07-07 22:04 |

みんぱく

万博記念公園には、国立民俗学博物館があります。
世界各国の展示物が一度に見られるこの博物館は、とても見応えがありました。

いろいろな文化の展示品がありますが、やっぱり気になるのはインドです。
これはラージャスターン州の天球儀。
占星術に使用されたものでしょうか。
c0171980_14345376.jpg


中央には、日食や月の満ち欠けなどを表した模様が施されています。
c0171980_14345981.jpg


これはバリ島の祭で使用される人形(仮面)だったかな?
秋田の「なまはげ」そっくりですよね。
c0171980_1435962.jpg


国は違っても、人間の想像力って、共通するものがあるのでしょうね。

最後のSHOPで、こんなに可愛いアルパカを見つけました。
手触りがとってもフワフワ感たっぷり!
本物のアルパカの毛なのだそうです。
c0171980_14351159.jpg


もちろんGetしてきました!(^-^)/
[PR]
by Rika_Joppari | 2011-07-04 06:23 |

裏太陽の塔

今日ははじめて万博記念公園へ来ました。

万博記念公園と言えば、やっぱり太陽の塔ですね。
c0171980_23241974.jpg


これを見ると、どうも「二十世紀少年」しか頭に浮かんでこないのですが、この太陽の塔には3つの顔があるというのは知りませんでした。
正面の上の顔は未来、下の顔は現在を表しているのだそうです。
現在の顔って、こんなに立体的だったんですね。
c0171980_23252440.jpg


じゃあ、過去の顔は・・・

裏側に回って見ると、ドキッとするほど怖~い顔がありました。
c0171980_23254383.jpg


なんか気味わりぃ~(~_~;)

のっぺりした顔かと思ったら、下から見ると鼻が尖ってました(苦笑)
c0171980_23255492.jpg


・・・つづく
[PR]
by Rika_Joppari | 2011-07-03 23:07 |

カモの親子

昼間はどこに隠れているのか、ちっとも姿を見せないのですが、夕暮れ時になると、必ず姿を現す親子連れがいます。
今日もまた、薄暗くなった田んぼに、子育て真っ最中の夫婦が子どもたちを散歩に連れ出していました。
c0171980_23131871.jpg


すると、左の方からもうひと組の親子連れがやってくるではありませんか!
c0171980_23131818.jpg


黄昏はどんどん深くなっていきます。
外に出て近づいて見ると、コガモの大合唱。(^-^)
ちゃんと並んで、みんなとはぐれないようにくっついています。
お母さん、子どもたちをちゃんと見てますね~。
c0171980_23131846.jpg


あれ?お母さん、急いでどこ行くの?
c0171980_23131988.jpg


ぼくたちもついて行こう!
c0171980_23131916.jpg


あっちだ。急げ、急げ!
c0171980_23132057.jpg

[PR]
by Rika_Joppari | 2011-07-02 23:09 | 動物