Go! Joppari

jopparika.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

お帰り!ピーちゃん

今朝早く、家の窓ガラスに激突して失神した小鳥がありました。
窓の下に落ちていた小鳥はほどなく意識が戻り安心したのですが、驚いたのはこの子を見た瞬間、幼鳥の頃エサをあげて育てたピーちゃんにそっくりだったからです。

あの頃、いつも手づくりのカゴに入れて職場まで連れて行っていたのですが、ある日玄関から車まで歩く間にカゴから逃げ出して飛去ってしまったのです。

あれから1年10ヶ月ほど経っていますが、羽根の模様やくちばしのふちの黄色いところがあのピーちゃんだったのです。
きっとこの家が懐かしくて、帰ってきてくれたんだと思います。
c0171980_8294445.jpg


部屋の中で放すと、あちこち飛び回ってこんな隅っこに逃げていましたが、
c0171980_8304441.jpg


c0171980_8312055.jpg


前にしてあげたように、手のひらに乗せて背中を優しくなでてあげると、安心したようにおとなしくなり、エサをもらうときのように上を向いて口を開けたりするのです。
もうこれは、絶対にあのピーちゃんだと確信しました。
私のこと、思い出してくれたんだね。

心残りではありましたが、元気な姿を見せに来てくれたピーちゃんに感謝して、再び外に放してあげました。
帰ってきてくれてありがとう!
元気でいてね。

大きさはスズメくらいなのですが、スズメより尾が長く、鳴き方も違います。
この子の名前がわかる方、どうか教えてください。
[PR]
by Rika_Joppari | 2012-07-30 08:41 | 動物

田んぼアート2012

もう、夏の恒例になってしまった田舎館村の田んぼアート。
年々図柄が複雑になり、技巧を凝らした作品になっています。
例年の村役場横の田んぼの他に、今年から道の駅いなかだての横に第二田んぼアートができました。

第一田んぼアートのテーマは「悲母観音と不動明王」です。
c0171980_132416.jpg


c0171980_1323497.jpg


これがすべて稲でできているって、信じられますか?
葉が伸びて来ると絵が浮き上がってくるのですから、楽しいですよね。
目の前に広がるのは壮大なキャンパスです。
c0171980_13345100.jpg


ここから車で7分ほど走ったところにある道の駅に、第二会場があります。
第二田んぼアートのテーマは「七福神」
c0171980_1405144.jpg


こちらは田んぼが横に長いので、広角レンズを使っても、全部入りきりません。
c0171980_1423713.jpg


子ども広場の横にあるからでしょうか。
なぜかマジンガーZがいますw
c0171980_1434276.jpg


東北地方も今日梅雨が明けました。
夏らしいカラッとした暑い日でしたが、岩木山は雲に隠れて見えませんでした。
八甲田山は、かろうじて見えていた感じです。
これからの短い夏を満喫したいですね。
[PR]
by Rika_Joppari | 2012-07-27 01:50 | 風景

あしあと

今日も西目屋の地質調査でした。
草木も背が高く生い茂り、藪の中の道なき道を歩くのがだんだん難しくなってきています。
今回は今までと違う川に入り、上流に歩いて行ったので、岩石もまったく違う様相でした。

倒木で川が塞き止められるような場所に砂が堆積し、ズブズブと足が潜っていってしまうところもあります。
ふと足下を見ると、新しい動物の足跡がありました。
タヌキとシカでしょうね。
この辺りは動物たちの交差点なのでしょうか。
c0171980_21722100.jpg


ここの横の露頭によじ上ったとき、一瞬獣臭がしたのです。
c0171980_21115275.jpg


タヌキのフンでも近くにあるのかなと思ったのですが、もしかしたらこの足跡をつけたタヌキが落としていったのかもしれませんね。
[PR]
by Rika_Joppari | 2012-07-14 21:15 | 動物

空があまりにもきれいだったから

昨日は少々風も強かったのですが、美しい青空が広がった一日でした。

お昼は外に出てランチタイムにしました。
アスファルトの照り返しがまぶしく、夏を感じさせてくれます。

空があまりにもきれいだったので、写真を撮りたくなりました。
屋上は施錠してあるので上がれず、仕方がないので4階の窓からの撮影です。

きれいな青空の下、弘前の町並みです。
c0171980_20423812.jpg


c0171980_20432033.jpg


明日以降、天気は下り坂のようです。
せっかくの3連休なので、晴れてほしいですね。
[PR]
by Rika_Joppari | 2012-07-14 20:46 | 空・雲・星

ヒキガエル

先月から継続的に西目屋の地質調査をしています。

これまで毎回天気には恵まれず、いつも雨の中の調査だったのですが、一昨日は初めて雨も降らず、暑すぎることもなく、いい天候に恵まれました。
そして、川を歩いているとあちこちでお目にかかるのが、このヒキガエル。
c0171980_143467.jpg


先日のだんぶり池のツチガエルより、かなり大きく動きも鈍く、もそもそと歩いていました。
こんなにおとなしく動きの鈍い生き物が、よく生存競争に残ったものだと感心するほどです。

まるでペットのように、腕をのそのそ這い上がっているところなんか、すごくかわいいです。
おうちに連れて帰りたくなりますね。
c0171980_1464659.jpg


ところで、ヒキガエルのお腹を見たことありますか?
私は今まで見たことなかったのですが、黒っぽくてごつごつした背中からは想像できない模様でした。

これです。
c0171980_15083.jpg


あ〜、カエルちゃん。
恥ずかしいところを撮っちゃってごめんね。
[PR]
by Rika_Joppari | 2012-07-10 01:53 | 動物

フーコーの振り子

弘前大学理工学部2号館には、フーコーの振り子があります。
11階の建物の中央を吹き抜けにし、45mの長さの振り子を下げています。
これは日本最長のフーコーの振り子だそうです。

あまりにも大きすぎて、1枚の写真には納まりきらないので、まずは下から上を見上げた写真。
c0171980_2118048.jpg


そして、下のおもりの部分。
c0171980_21193077.jpg


この地点は北緯40°35'55"、東経140°24'45"のようです。
計算すると、回転周期は36.85時間になるそうです。
c0171980_21185973.jpg


1851年、フーコーはこの振り子の実験で、初めて地球が自転していることを証明しました。
証拠もないのに地球が動いていることを見抜いたコペルニクスやガリレオは、やはりすごい人です。

このフーコーの振り子は平日自由に見学できます。
まだ見ていない人は是非一度来てみてください。
[PR]
by Rika_Joppari | 2012-07-08 21:51 | 実験・観察・研修

カミツキガメの解剖

ハ虫類であるカメの内臓のようすは鳥類とよく似ていますが、心臓や肺などいくらかの違いがあります。
先日のカミツキガメの解剖の様子を少しアップします。
見る勇気のある人だけ、

ここをクリックしてください。
[PR]
by Rika_Joppari | 2012-07-06 23:58 | 植物

カメを食す

以前、カミツキガメの甲羅の標本をつくりましたが、今日は全身骨格標本の骨回収をかねて、カメの解剖を行いました。

外来種駆除のため、千葉県で捕獲されたカミツキガメです。
c0171980_433796.jpg


私たちがよく見るミドリガメとはちがい、お腹側の甲羅はたったのこれだけ。
c0171980_435969.jpg


これでわかるように、お腹側の甲羅が小さいということは、手足をより自由に動かせるということで、カミツキガメは想像以上に速く動くカメなのだそうです。

しっぽは恐竜のしっぽのように、ギザギザがついています。カッコいい!
c0171980_4141536.jpg


手足には鋭い爪と水かきがあります。
c0171980_4154273.jpg


解剖の様子は次に回すとして、今回は「カメの肉を食べる」という、もうひとつのミッションがありました。
解剖している横で、肉をさばくこんな光景・・・。
c0171980_417837.jpg


さすがに解剖中のカメの臭いは強烈なので、香辛料で臭いを消して・・・
料理担当はとなりの部屋でカレーを煮込み始めました。
そしてできたのが、これ。
c0171980_4215097.jpg


みんなで味見をしましたが、これが意外と美味しいのです。
肉はとても柔らかく、鶏と牛肉の中間のような味。
「これは、チキンカレーだよ」と言われたら誰も疑わないで食べてしまうでしょう。

どうです?
一度食べてみたいと思いませんか?
[PR]
by Rika_Joppari | 2012-07-06 04:32 | 動物