Go! Joppari

jopparika.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

妖艶な月

昨夜というか、もう0時を回っていたので今日なのですが、南西の空に妖艶な月が沈もうとしていました。
ちょうどWOWWOWでブラックスワンを見ようとして座ったところ、窓の外の視界にオレンジ色の月が飛び込んできたのでした。
折角だから、三脚を立てて望遠レンズで狙ってみたら、ちょうどルートイン弘前の真上だったのですね。
c0171980_1453380.jpg


このあとすぐに、雲に隠れて見えなくなってしまいました。
偶然に捉えた1枚だったようです。
[PR]
by Rika_Joppari | 2012-08-28 14:55 | 空・雲・星 | Trackback | Comments(2)

テンの骨格標本

過去の記事を検索したら、もう3年も前に拾ったテンでした。
あのあと解剖をして、骨にするまでは終わっていたのですが、組み立てる時間がなく、しばらく放置の状態でもう3年も経っていたとは・・・。

先日から一気に仕上げようと取りかかり、今日やっと完成しました。
c0171980_0101229.jpg


肉食動物の頭骨標本としても使えるように、頭部は取り外しができるようにしておきました。
顎も動かすことができます。
c0171980_0113838.jpg


爪や肉球もそのまま残しておきました。
c0171980_0145933.jpg


こういう標本も1つあると、授業で便利だなと思いませんか?

ところで2日前、この標本をつくるのにグルーガンを使っていました。
そのとき急に空が暗くなり、遠くの方で雷の音が聞こえてきました。
あ、また雷か。近づいてくるといやだな思ったとたん、いきなり机の上のグルーガンが

ジジッ・・ボンッ!

という大きな音を立てて火を噴きました!
一瞬、何が起こったのかわからなかったのですが、気づいたらグルーガンは真っ黒になって、黒いけむりを上げていました。

やっと事態が飲み込めて、慌ててこのグルーガンとパソコンやテレビのコンセントを抜きました。

本当にビックリしました。
それにしても、あのときグルーガンを手に持っていなくてよかった〜。
[PR]
by Rika_Joppari | 2012-08-27 00:31 | 動物 | Trackback | Comments(0)

新幹線

九州新幹線に初めて乗りました。
鹿児島中央駅から岡山まで、みずほ604号で2時間57分でした。
座席はゆったりとしていて、前の席との感覚も幾分広いように感じました。

博多まではトンネルも多く、電波が途切れがちだったのですが、博多を過ぎてからiPhoneでマップをしばらく見ていました。
自分の位置がぐんぐん移動しているのにちょっと驚き!(当たり前ですけど)

10分間でかなりの距離を移動しています。
c0171980_104512.png

c0171980_112112.png

c0171980_113916.png


これである程度の時速が出せますねw
[PR]
by Rika_Joppari | 2012-08-18 01:04 | | Trackback | Comments(0)

ピラルク

今日テレビを見ていたら、この魚をブラジルで養殖している日本人を取材していました。
アマゾンに住む、世界最大の淡水魚で、日本では観賞用として高値で売られているとか。
ところが、これは食用としても美味しいとのこと。
体長10cmの稚魚をアマゾンから仕入れ、ブラジルのサンパウロで育てていました。
1年間で、なんと10倍の1mになるそうです。
都市に近いところで養殖することで、高級レストランに新鮮な魚を卸すことが可能なのだそうです。
川魚の臭みもなく、番組ではブラジルの日本料理店でしゃぶしゃぶにして美味しそうに食べていました。

これは、先日行った鹿児島水族館で撮った写真です。
c0171980_1554411.jpg


生きた化石と言われるこの巨大魚はエラと肺で呼吸し、大きな鱗は女性の爪を磨くヤスリやおろし金の代わりになるそうです。
成長が早く食べて美味しいということは、将来この魚も牛や豚のように主要な食材になってしまうのかな?
[PR]
by Rika_Joppari | 2012-08-17 02:14 | 動物 | Trackback | Comments(0)

電子雲

1週間ほど自宅を離れてあちこち回り、昨日帰ってきました。
初日は上野の東京都美術館で開催されている「マウリッツハイス美術館展」と、国立科学博物館の特別展「元素のふしぎ」が目当てで、東京に1泊しました。

美術館や博物館では、いつもミュージアム・ショップで掘り出し物を探すのが好きなのですが、今回はとってもマニアックですが、興味深いものを見つけました。
ちょうど科博の「元素のふしぎ」に合わせて、NEBULA(ネビュラ)という電子雲3次元ガラス彫刻模型が売られていたのです。

興味の無い人には「何だこれ?」的なものですが、私にとっては全部集めたいくらい楽しいものなんです。
実物はこれなんですが・・・
c0171980_14101319.jpg


ガラスの中にレーザー彫刻で電子雲の形を3Dで見せてくれるのです。
横からはこんな感じ。
c0171980_14124597.jpg


そして、上から見ると、
c0171980_14131235.jpg


これは4f5xz2-xr2の軌道を表していますが、1sからすべての軌道が揃っていました。
全部欲しかったのですが、かなりなお値段になるので手が出なくて、お気に入りのものを1個だけチョイスしました。

高校生の頃、化学の授業で電子雲を学んだとき、その面白さにハマったのが化学の道に進もうと思ったきっかけでした。

実際には見ることのできない原子の姿が、インテリアとしての美しさも加わってこうして眺められるって素敵だと思いませんか?
[PR]
by Rika_Joppari | 2012-08-16 14:33 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

恐るべしハエの♀

今日はオープンキャンパスで、自然研はカミツキガメの解剖を高校生に見せました。
先日予備実験をし、骨格標本までつくって準備をしていたので、手際もよく、たくさんの高校生が見に来てくれました。

骨格標本をつくったときに、は虫類の耳は外耳がなく、鼓膜の内側に耳小骨が1つ(あぶみ骨)しかないのを見せた方がいいということに気づき、今日は耳の部分も詳しく調べました。

耳の位置はここです。
c0171980_22162543.jpg


皮を剥ぐと半透明の鼓膜が見えます。
c0171980_22171634.jpg


鼓膜を切り取ると、内側に突起があります。
ここが耳小骨とつながっているのでしょう。
c0171980_221751100.jpg


中をのぞくと、耳小骨が1本突き出ているのがわかります。
c0171980_22191185.jpg


と、ここまでは特に問題なく終わったのですが、ここでちょうど昼休みの時間になったので、午後は開いた体腔から内臓を取り出してみましょうということで、1時間ほど休憩をとりました。

そして午後、再び高校生が集まってきて、続きに取りかかると、なんとさっき開いたばかりの内耳の中が少し違って見えます。

な、な、なんと、

昼休みの間に、ハエが卵を産んでいるではありませんか!
c0171980_2227186.jpg


解剖はちっとも気持ち悪いとは思いませんが、この卵を見たら、キモいと思ってしまいました。
だって、これが孵ったあとのウジを想像したら・・・・。

ハエはどうしてこんなにナイスな場所を選ぶことができるのでしょうね。
本能というのは、恐ろしいくらいすごいことです。
[PR]
by Rika_Joppari | 2012-08-08 22:36 | 動物 | Trackback | Comments(4)

高校生が教える授業

岩手県立黒沢尻工業高等学校では、電気科の生徒が中学校に出向いて出前授業を行っているそうです。
内容も高校生が考え、自分たちで教材をつくり、中学生にわかりやすく教えているようです。
エジソン電球と白熱灯とLED電球で消費電力を比べたり、リカちゃんハウスを改造してエコハウスをつくって見せたり、なかなかユニークな教材ばかりでした。

これは電磁誘導を教えるための教材です。
下の導線に電流を流し、上のコイルを流れる誘導電流で豆電球を光らせています。
c0171980_21521141.jpg


こちらはその応用として、下の導線をアンプにつないで、上のコイルにはスピーカーをつなげて音楽を聴かせていました。
c0171980_21522589.jpg


高校生は説明にも慣れた様子で、楽しそうに私に説明してくれました。
こういう風に生き生きと活動している高校生を見ると、こちらもうれしくなりますね。
[PR]
by Rika_Joppari | 2012-08-07 22:02 | 実験・観察・研修 | Trackback | Comments(0)

カメ完成!

前に解剖したカミツキガメの全身骨格標本をつくりたくて、時間を見つけてはコツコツと組み立てていました。
そして今日、やっと完成しました!

もう、うれしくてたまりません。
ひとりで眺めてニヤニヤしていますw

c0171980_23165283.jpg


c0171980_23175340.jpg


あ、スケールを置くの忘れましたが、甲羅の縦が25cm、横は22cmでした。

これをつくるまで、カメの脚はどうついているのかさっぱりわかりませんでした。
肩甲骨が肋骨の内側にあるので、なかなか興味深いです。
c0171980_232186.jpg


弘前大学のオープンキャンパスでは、自然研がカメの解剖を行います。
そこにこれを展示するので、高校生のみなさん見に来てくださいね。
[PR]
by Rika_Joppari | 2012-08-02 23:42 | 動物 | Trackback | Comments(0)

なりきってます

よくもこういう場所を選んでるなと感心するカエルちゃんを見つけました。

手で触っても、ちっとも動かずひたすら石になりきっています。
c0171980_024937.jpg


手袋してますが、指をスケールにしています。
5〜6cmというところでしょうか。
c0171980_0102114.jpg


なんていう種類なんでしょうね。
[PR]
by Rika_Joppari | 2012-08-01 00:16 | 動物 | Trackback | Comments(4)