「ほっ」と。キャンペーン

Go! Joppari

jopparika.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

暗門の滝とブナ林

土曜日の水生生物調査は午後だったので、私は一足早く現地に入り、午前中、暗門の滝とブナ林散策道を回って戻ってきました。
雨も降らず、かんかん照りでもなく、ちょうど良い気候でとても気持ちのよいトレッキングでした。

歩き出して早々、羽根のないフキバッタを見つけました。
おっと、お取り込み中失礼(^^;
c0171980_2351760.jpg


ひらひらと舞い降りてきたチョウは、ミドリヒョウモンでしょうか?
翅の裏側は見えませんでした。残念。
c0171980_08211.jpg


第2の滝と第1の滝の間の川沿いの道の横の崖に、ソバナでしょうか、可憐な花を咲かせていました。
背景の柱状節理もまた美しく、両方をフレームにおさめてみました。
c0171980_095224.jpg


第1の滝は、いつ来ても激しい水しぶきで、近づくと天然のシャワーを容赦なく浴びせかけられます。
カメラのレンズも水滴で曇ってしまうので、クリアな写真が撮れません。
少し離れたところで、やっとこの写真を撮りました。
c0171980_018878.jpg


帰りは下まで降りて河原でひと休みしながら、おにぎりをひとつかじっていると、岩の影からカナヘビのような小動物がちょろちょろ顔を出していました。
ふとその横を見ると、キフネツリがきれいに咲いているではありませんか。
c0171980_025569.jpg


再び歩き出し、ちょっと遠回りをしてブナ林散策道を通って戻ることにしました。
ブナ林に入るとすぐに、ガクアジサイに集まるヨツスジハナカミキリを見つけました。
おや、これまた失礼・・・別にこういうところばかり探しているわけではないのですが・・・(汗)
ん? 左にいる小さな甲虫は何かな?
c0171980_2359237.jpg


そして、ホウキタケの仲間だと思います。
結構大きな固まりだったので、ワクワクしました!
c0171980_0321336.jpg


ブナの新緑は眩しいほどに目に焼き付きます。
c0171980_0325012.jpg


約3時間の散策、
久しぶりに、思いっきり森林浴を楽しみました。
[PR]
by Rika_Joppari | 2014-07-29 00:47 | 自然 | Trackback | Comments(0)

水生生物

今月の理科サークルの例会は、弘前大学の先生が行っている暗門川の水生生物調査に同行させていただきました。

この日は河床間隙の動物を採集するのが目的でした。
そのために考案された採集器を使って、河床間隙の水をポンプでくみ上げています。
c0171980_0355026.jpg


濾過して集めた試料ですが、この中に求めている動物はいるでしょうか。
c0171980_0393564.jpg


その後私たちは、河川の底生動物の観察をさせてもらいました。
ベントスの専門家の木村先生にご指導を仰ぎながら、採集の仕方から動物の同定まで、いろいろと教えていただきました。
水質調査の指標となる水生生物などは、中学校の授業でも扱いますが、実のところこうやって実際に採集して観察するのは初めてでした。

最初に見つけたのは、ヒラタガゲロウのなかま。
手にとってみると、ピタッと貼り付くように腹側が平らになっているのがわかりました。
背側は平たいドーム型になっていて、なるほどこれで流れの速い川底でも留まっていられるのですね。
c0171980_0453711.jpg


次は大物、カジカがいました。
c0171980_0571844.jpg


これはオオクラカケカゲロウでしょうか。
よく観ると愛嬌のある顔をしています。
c0171980_0584421.jpg


最強の肉食動物、ヘビトンボです。
私は幼虫の実物を初めて見ました。
頭は硬く大顎は噛まれると痛そうでしたが、脚のように見える突起がたくさんある腹は、ぷよぷよしていました。
c0171980_103295.jpg


特別珍しい生物がいたわけではありませんが、これも面白くてやめられなくなりますね。
本当に有意義な一日でした。
[PR]
by Rika_Joppari | 2014-07-28 01:25 | 実験・観察・研修 | Trackback | Comments(2)

石川ポークウインナー

少し前に、初めて「はすや」で食べて以来、あの美味しさの虜になってしまった、石川ハムのポークウインナー。
どこに行ったら買えるのかと、調べてみたけどよくわからず、私の中では幻のウインナーになりつつありました。
先日、弘前東栄ホテル1階「あば」のメニューにこれを見つけて、久しぶりに食べたあの味がまた、たまらなく美味しかったのです。

ネットで検索すると、「弘前のソールフード」という文字を見つけました。
弘前に住んで30年近くなりますが、これは全く知りませんでした。
どうやら青森県でも弘前でしか販売していないようです。

それが、なんと昨日、弘前さくら野店の食品売り場で、石川赤ウインナーが袋詰めになって売られているのを見つけました!
c0171980_22525640.jpg


一瞬目を疑いましたが、これぞまさしくはすやで食べた、あの赤ウインナーです。

そんでもって、今夜の食卓にはもちろん石川ポークウインナーが鎮座しました。
c0171980_22543413.jpg


こうやって切れ目を入れて、フライパンで焼くだけで、豪華な一品です。
パリパリの皮に、中は柔らかくてジューシーな旨味のあるお肉。
ホント、食べた人にしかわからない美味しさです。

まだ食べたことのない人は、是非一度試してみてください。
絶対やみつきになりますよ!
[PR]
by Rika_Joppari | 2014-07-20 23:04 | | Trackback | Comments(0)

レコる

最近、本校理科部会の間では「レコる」ということばが流行っています。
もちろんこれは、recoroで撮影することを意味することばですが。

時々理科研究室の照明のスイッチのところに、こんな張り紙が現れます。
c0171980_1315227.jpg


今日は蒸散の実験の撮影でした。
c0171980_13574.jpg


ちゃんと指定した時間ごとに、カシャッ・・・カシャッ・・・と真面目に黙々とシャッターを切るけなげなrekoroは、なんだかとてもいとおしく感じます。
c0171980_1372784.jpg


28日土曜日の朝は、曇り空で太陽が見えませんでしたが、その代わり雲が出来ては消える様子や、上層と下層の雲の動きの違いなど、これもまた捨て難い映像が撮れました。


次は何を撮ろうかな・・・。
[PR]
by Rika_Joppari | 2014-07-01 01:44 | 実験・観察・研修 | Trackback | Comments(0)