「ほっ」と。キャンペーン

Go! Joppari

jopparika.exblog.jp
ブログトップ

タグ:夕焼け ( 8 ) タグの人気記事

夕日と岩木山と雲

少し前に撮った写真ですが、久しぶりに夕日がきれいだったので、撮っておきました。
c0171980_144421.jpg


夏至も近いので、太陽はだいぶ北寄りに沈んでいきます。
この写真でわかるように、日の入りの位置は岩木山のずっと右側です。
同じ場所から冬に日没を見ると、岩木山の左側に沈むのです。

半年後は、その写真も忘れずにアップしたいです。

太陽が沈むときほど、地球の自転の速さを実感することはありませんね。
太陽がこの位置から、地平線の下に沈むまでは本当にあっという間です。
家の中で空が赤くなっているのに気づいて、このチャンスを逃すまいと、急いで車に置きっ放しだったカメラを取りに行って、レンズを換える暇もなく、マクロレンズのままでこの写真を撮りました。
そして、そのまま家に戻ったのですが・・・。

翌朝、車のドアが開けっ放しだったのに気づきました。
幸い、車上荒しにも遭わず、のら猫に車内かき回されることもなかったので良かったのですが。
気をつけなければダメですね(汗)
[PR]
by Rika_Joppari | 2010-06-16 01:58 | 空・雲・星 | Trackback | Comments(0)

ケルン大聖堂

圧倒される大きさのケルン大聖堂。
すごいのはその建物ばかりではなく、内装、ステンドグラス、美術作品、すべてに驚くばかりでもう参りましたという感じです。

象徴的な2つの塔。
c0171980_8304583.jpg


後で、この塔のてっぺんまで上りました。

扉の上を見上げると、一面に施されている細かな彫刻。
c0171980_8342386.jpg


扉を抜けると、眼前に広がるこの空間。
とてつもなく広いのです。
ずっと奥に見える祭壇は中世につくられ、今日に伝えられている中で最大のものだそうです。
キリスト教ではなくても、ここに立つと心が洗われるような気持ちになります。
c0171980_8415185.jpg


美しいバイエルン・ステンドグラス。
c0171980_8461565.jpg


今日はこの後、ライン川のほとりをぶらぶら歩き、ショッピングも楽しみながらケルンを満喫しました。

帰りは渋滞に巻き込まれ、予定よりも遅くなってしまいました。
途中、ドライブインで夕食を食べたのですが、そのときに撮った夕焼けを1枚。
c0171980_8513172.jpg


これで何時だと思いますか。
信じられないと思いますが、夜の8時40分です。
これだから、毎日夜更かししてしまうのも、無理ないですよね。
[PR]
by Rika_Joppari | 2009-08-14 08:58 | | Trackback | Comments(2)

夕日と岩木山と雲

久々に、岩木山の写真を撮りました。

夕日が沈む頃、ふと見ると岩木山がすっぽりと綿の帽子をかぶっているではありませんか。
c0171980_23501382.jpg


山頂はきっと雨が降っていて、このきれいな夕日も見えないのでしょうね。

先日、北海道トムラウシで遭難事故がありました。
私も5年前に仲間とトムラウシに登ったので、本当にショッキングなニュースでした。
岩木山はトムラウシほど標高はありませんが、遭難事故も過去にあります。
山の天気は本当に変わりやすいというのは、今の勤務地で本当によくわかります。
山に入るときには、十分注意しなければいけませんね。

トムラウシで亡くなられた方々の、ご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by Rika_Joppari | 2009-07-25 00:07 | 風景 | Trackback | Comments(2)

夕暮れどき

今日、日中はきれいな青空も見えていましたが、とても寒い1日でした。

日の入りの頃は、西の空にかかった雲がきれいな茜色に染まりました。
きれいな色だったので、写真を撮ったのですが、どうも岩木山と一緒じゃないとこの雰囲気が伝わらないなと思い、写真をつなげてみました。
c0171980_2324547.jpg


どうも最近、岩木山の写真が多くなっていますが、今の職場になって毎日見ている岩木山が、本当に毎日ちがう様相を見せてくれるので、まったく飽きずに眺めることができるのです。

今日は校舎の窓から岩木山を眺めながら、生まれたときからこの山を見て育った子どもたちは幸せだな〜と、つくづく思いました。
そして、この子たちが大人になって地元を離れたときには、この山が心の故郷になるんだろうなと思います。
[PR]
by Rika_Joppari | 2009-04-17 02:26 | 風景 | Trackback | Comments(2)

夕日

今年の春分の日は曇りで夕日がきれいに見えなかったのですが、翌日の3月21日には、久しぶりにきれいな夕日が見られました。

その日はちょうど車で帰宅途中、太陽柱が見えていました。
すぐに車を停めることができず、写真を撮らないうちに太陽柱は見えなくなってしまいましたが、そのあとこんな風に太陽が2つに見えるようになり、これはちょうど赤信号で止まっている間にフロントガラス越しに撮ることができました。
ちょっとピントが合っていませんが(^^;
c0171980_2364020.jpg


家に着くと、久しぶりに夕日がきれいに見えていました。
c0171980_2371631.jpg


そして、今日もまた理科室からたくさんの荷物を運んで家に着くと、雲の間からのぞく太陽が真っ赤な光を放ち、さらに上層の雲を赤く染めていました。
c0171980_2333151.jpg


21日の太陽の沈む位置と比べると、ずいぶん日の入りの位置が右にずれているのがわかります。
日の入りの位置は春分の日がほぼ真西で、それ以降は夏至の日までだんだん北寄りに移動します。
我が家から見ると、春分の日から夏至の日までに、日の入りの位置は岩木山の左側から右側に移動するのです。
毎月このような写真が撮れると比較できていいのですが、なかなかこの時間に家にいるということがないので、未だにできないでいるのです。
[PR]
by Rika_Joppari | 2009-03-29 23:36 | 空・雲・星 | Trackback | Comments(2)

三日月

今日は、ちょっと用事があって青森空港に行きました。

空港を出たのが16時半。
西の空にある太陽が、オレンジ色の輝きを放つ頃になっていました。
空港道路を走っていると、飛行機雲を引いて飛ぶ飛行機が2機見えます。
今日の飛行機雲は、長く伸びることはなく、飛行機が通過するとすぐに消えていました。
その短い雲が、ちょうど夕日を反射して光り、彗星の尾のようにも見えました。
c0171980_220576.jpg


「きれいだな〜」

飛行機をちらちらと目で追いながら車を走らせていると、飛行機を見ている視界の中に、細く輝く三日月が見えました。

「そうだ、今日は月齢3.5だった。」

慌てて車を道路脇に停め、フロントガラス越しに、飛行機が通過してしまう前にシャッターを切りました。
c0171980_21545467.jpg


太陽はどんどん傾き、空は水色からオレンジ色へと移り変わっていきます。

やがて、三日月のすぐ上に、金星が見えてきました。
c0171980_22394230.jpg


岩木山の左上に、飛行機雲がオレンジ色に輝いて、こちらもとてもきれいでした。
[PR]
by Rika_Joppari | 2008-11-01 22:54 | 空・雲・星 | Trackback | Comments(4)

月齢14

今日、学校の玄関を出ると、目の前に月齢14の月が昇ってきていました。
c0171980_23272755.jpg


いつもの農道を通ると、ちょうど岩木山に日が沈んだばかりで、こんな幻想的な風景が楽しめました。
c0171980_23423034.jpg


光芒の間の暗い部分が、うっすらと緑色に見えるのはなぜでしょうか。

反対側を見ると、さっきより少し高くなった月が、こちらを見下ろしていました。
c0171980_2343718.jpg

[PR]
by Rika_Joppari | 2008-10-13 23:44 | 風景 | Trackback | Comments(2)

夕焼け

今日の夕方、空がちょっと不気味な色をしていました。
c0171980_132354.jpg


太陽が沈む直前、ほんの少しの間見られた夕焼けです。
明日はどんな天気になるのでしょうか?

ここ数日、各地で豪雨の被害が報道されていますが、このあたりも時々強い雷雨があり、数日前、わが家の近所に雷が落ちました。

実は私、大の雷嫌い。
雷が鳴り始めると、生きた心地がしないのです。
その雷が落ちたときも、

emoticon-0156-rain.gifピカッ!ドドーーーーン!
「ぎゃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ!」
(その直後、真っ暗)
「ぎゃ〜〜っ!停電だぁ〜〜〜〜〜〜!」

こんな状態でした。

明日はいい天気でありますように。
[PR]
by Rika_Joppari | 2008-08-31 01:59 | 空・雲・星 | Trackback | Comments(0)