Go! Joppari

jopparika.exblog.jp
ブログトップ

タグ:山 ( 38 ) タグの人気記事

久々の岩木山

今年の弘前の12月は、異常なまでの大雪でどこに行っても積み上げられた雪の山です。
でも、今日はお日様が気持ちよくあたりを照らしてくれています。
あんまり天気がいいので、久しぶりに岩木山の写真を撮りました。
c0171980_12115939.jpg


山頂にも雲がなく、今日はスキー日和でしょうね。
c0171980_1212407.jpg


何度も何度も撮っているはずのこの風景。
でも、やっぱり今日も撮ってしまいました。
c0171980_12131640.jpg

[PR]
by Rika_Joppari | 2012-12-29 12:18 | 風景

岩木山も紅葉

今朝、ちょっと雲がかかっていましたが、久しぶりに岩木山を眺めました。
c0171980_2212191.jpg


もうだいぶ裾野のほうまで紅葉が進んでいます。
c0171980_221578.jpg


今頃山を歩いたら、きっときれいな景色なのでしょうね。
明日から11月。
ついこの前まで暑い暑いといっていたのに、もうめっきり寒くなってしまいました。
[PR]
by Rika_Joppari | 2012-10-31 22:34 | 風景

岩木山の雪形

さすがに6月も2週目になると、「今日は暑いね〜。」というあいさつが頻繁にかわされるようになります。
ここ数日で、岩木山の雪形もみるみるうちに少なくなり、今年は撮ろうと思っていた時期を逸してしまいました。

今朝は天気がよかったので、久しぶりに2階の窓から岩木山を撮りました。
c0171980_2232123.jpg


昔の人は、この雪形を見ての作業をしていました。
見える形の変化を見ながら作業の開始時期を決めたり、凶作を予想したり。
c0171980_2233721.jpg


これは誰が見てもわかりそうです。
「ツバメ」の形が見えますか。
c0171980_22441368.jpg


「ツバメ」の右下には「下りウサギ」が見えていたはずですが、もう融けてしまっています。

古代ギリシャ人が星を繋ぎ合わせて星座をつったように、昔から津軽人も想像力豊かに様々な形を連想したのでしょうね。
[PR]
by Rika_Joppari | 2012-06-11 22:52 | 風景

ようやく春かな

今年は特に長かった冬も、ようやく終わり春が来たなと感じます。
朝、2階の窓から久しぶりにきれいな岩木山が見えたので、うれしくなって写真を撮ってしまいました。
c0171980_21131725.jpg


山頂はまだたくさん雪が残っていますが、これから「ツバメ」や「下りウサギ」などの雪形が現れてくるのが楽しみです。
c0171980_21174080.jpg


つい先日まで、一面真っ白だった田んぼも、あっという間に雪が融けてしまいました。
太陽の熱って、すごいエネルギーですね。
c0171980_21191139.jpg


今日は自転車で爽快に走りました。
明日はまた少し雨が降りそうですが、桜のつぼみも確実に春の訪れを感じているはずです。
[PR]
by Rika_Joppari | 2012-04-12 21:24 | 風景

太平山の小さな住民

太平山に入って、最初に目にとまった小さな住民。
カドバリヒメマイマイと言うのだそうです。
c0171980_20535585.jpg

貝の片側が平らなんです。
バンドのあるものもいます。
c0171980_2054010.jpg

この写真に3匹写っていますが、このくらいの密度で道にたくさんいるのです。
うっかりすると、踏みつぶしてしまうそうです。

たくさんと言えば、こちらもたくさんありました。
菌類様です〜。
これ、ヒラタケか、ツキヨダケかと話題になりました。
c0171980_205461.jpg

c0171980_20541195.jpg


こちらの可愛いお方は、ホコリダケ。
押してみると、ふう~っとホコリのような胞子を吹き出しました。
c0171980_20541553.jpg


この山は、季節がよければ美しいお花畑が広がるのだそうです。
今はほんの少しですが、稀少なオオヒラウスユキソウを見ることができました。
c0171980_20541836.jpg


もしまた来ることがあったら、次は花の季節にお花畑まででいいとおもいますw
[PR]
by Rika_Joppari | 2011-10-02 05:16 |

太平山

心配していた台風は進路がそれて、目的の登山ができることになりました。
この日は朝から青空が広がり、すがすがしい天気でした。

石灰岩でできている太平山(おびらやま)は1191mとありました。
高さはそれほどでもありませんが、とにかく急斜面でキツイ山でした。
足元は岩や石がゴロゴロ、倒木をまたいだり、折れ枝を踏み越えたり、身長よりも高い薮コキやらでひどい山道。

3時間も細い急斜面を歩いて、やっと視界が開けて座れる場所に出ました。
そこから目前に見えたのは、超とんがった山頂。
c0171980_22284422.jpg


「あんなところまで絶対に登れる気がしない~」

と思いながら、重い足を一歩一歩踏み出していくと、なんと道は山頂に向かわず、大きく側面を回っていくではありませんか!

そして見えて来たのは次の山のピーク。

「えーっ?あれが山頂だったんだ!」

と思ったのもつかの間、そのピークもまたニセの山頂。結局3つのニセ山頂を過ぎて、4つ目にやっと本当の山頂にたどり着きました。
c0171980_22285135.jpg


遠く左手には、寿都の風力発電の風車が見えます。
c0171980_22285339.jpg


そして右手には太平洋が。
c0171980_22285685.jpg


景色は素晴らしいですが、とにかく体はボロボロに疲れ果て、ひどい筋肉痛に襲われました。
[PR]
by Rika_Joppari | 2011-10-01 07:05 |

北日本陸上競技大会

これまでにも、いろいろな部活動の顧問をさせられてきましたが、今度の職場では、陸上部になりました。
私の人生経験では陸上競技はほとんど縁がなかったので、今回も技術面の指導は全くできないのですが、これも仕方のないことなのです。

昨日と今日は北日本大会ということで部員を連れてきていますが、昨日は午後から雨が降り出し、びしょ濡れになりながらの応援でした。(>_<)

昨夜は一晩中強い雨が降っていたのですが、朝には雨も上がり、6:30集合場所に向かいました。
時折り雲の合間から日がさしてはまた暗くなるという空模様で、冷たく強い風が吹いているひどいコンディションの一日です。
早朝は、野球スタンド越しに、かろうじて岩木山が見えていました。
c0171980_18354694.jpg


雨で濡れているトラックには、もうすでにアップをしている選手が。
c0171980_183704.jpg


陸上競技の大会の引率ははじめてですが、今回は中学生だけでなく、高校~一般の競技も行われているので、見ていてなかなか楽しいです。

面白いなと思ったのは、陸上競技の応援団のかけ声の掛け方です。
野球にしても、バレーボールにしても、それぞれのスポーツで独特の応援の仕方がありますが、陸上にもそのようなかけ声があるとは知りませんでした。
選手が走っている間は、いけいけ○○、〜・・などと、聞き慣れた応援ですが、ゴールしたあと「せーの」と応援団の一人がかけ声をかけると、全員が声をそろえて「おつかれー!」と叫ぶのです。
最初、なんて言っているのかわからなくて、「ほっちゃれー」って何だ?って思っちゃいました。

今日も雨に降られ、強風に煽られて、かなり疲れましたが、初体験の陸上部はまあまあ楽しませてもらいました。
[PR]
by Rika_Joppari | 2011-04-24 12:08 | ひとりごと

夜の岩木山

8時過ぎに職場を出て帰宅途中、いつも右折か直進かを選ぶ交差点があります。

朝はいつも信号機のない林間コースを通るのですが、帰りはどちらを選ぶか気分次第なのです。
今日は「直進」と決めて、民家の明かりを見ながら走るコースを選びました。

今日は雲の合間から半分より少し欠けた月が、岩木山の右上に見えていました。
山の向こう側に広がる雲が、スキー場のライトに照らされているのでしょう。
ライトアップされてオレンジに光っている雲が、木々のシルエットを浮かび上がらせて、なんとも言えないいい雰囲気を醸し出していました。

思わず車を脇に寄せて、窓を開けてエンジンを止め、窓枠と両手でカメラを固定しながら何枚か写真を撮ってみました。
露出時間が長いので、月が丸く写ってしまうのですが、こんな感じの1枚が撮れました。
c0171980_23502631.jpg


街中に入ってしまえば、街灯が明るすぎてしまいます。
我が家の方から山を眺めると、スキー場の照明が点々と斜面に並んでいるのが見えてしまうのです。
この場所の、この角度だから撮れる写真です。

露出時間をさらに長くして、山も写してみました。
c0171980_235642100.jpg


夜の写真も、なかなか面白いものです。
[PR]
by Rika_Joppari | 2011-02-09 00:01 | 風景

久しぶりの快晴

今朝は本当によく晴れた朝でした。

雲ひとつない青空というのは、この時期の津軽では本当に珍しいことです。
と同時に、気温は非常にさがり、通勤時の気温はー12℃でした。

一昨日の岩木山とはまったく違う姿の岩木山です。
c0171980_3312032.jpg


職場について、いつもの撮影場所から岩木山を望むと、ちょうど真上に月が出ていました。
c0171980_3181438.jpg


こんなに山肌がクリアに見えるのは、山頂にも風がほとんど吹いていないということですね。
c0171980_3213316.jpg


このよい天気もつかの間。
今日は午後にはもう空全体が雲に覆われていて、いつもの空に戻ってしまいました。
[PR]
by Rika_Joppari | 2011-01-28 03:33 | 風景

赤い岩木山

今朝の通勤時には、正面に見える岩木山が朝焼けに照らされて赤く見えていました。
刻々と色が変化していく様子を撮りたかったのですが、なんせ運転中だったので、良いシャッターチャンスを逃してしまいました。

もうだいぶ赤い色が薄くなりかけていましたが、まわりの風景から切り取られたみたいにオレンジ色に浮かび上がっていました。
c0171980_261160.jpg


反対側を見ると、朝もやの向こうから照らしている太陽が。
c0171980_274445.jpg


橋の上に上がると、低い位置に靄がかかっているのがわかります。
c0171980_284075.jpg


そして、橋を降りるとその靄の中に入って、視界がこんな感じになります。
c0171980_285540.jpg


毎日通っている道なのに、まったく別なところを走っているような感覚です。
自然はいろんな姿で、目を楽しませてくれますね。
[PR]
by Rika_Joppari | 2011-01-26 02:14 | 風景