「ほっ」と。キャンペーン

Go! Joppari

jopparika.exblog.jp
ブログトップ

タグ:教材 ( 67 ) タグの人気記事

Suicaの中身

先日,SuicaをiPoneに移したことで,思いがけずniceな教材を手に入れました。
カードのSuicaをiPhoneに移すと,それ以降カードは使えなくなるので,それを教材にしたのです。

今,中2の理科で,電磁誘導の授業を行っています。
身近なもので電磁誘導を利用しているものの例として,Suicaのカードを生徒に見せました。
もちろん,カードの端からカッターナイフの歯を入れて,慎重に剥がしたものをです。
ちゃんとカードの周辺にコイルがあるのがわかります。
c0171980_2356620.jpg


自動改札では,カードをタッチした時に,ここに誘導電流が流れて,残高が記録されるのです。
SONYの製品なんですね。

今年はパスカル導線に音声信号を流し,その導線の周りの磁界の変化を利用して,スピーカーに繋いだコイルで拾って音を出す,無線スピーカーを授業で扱いました。
無線でも音が出るしくみを考えさせたのです。

昨年は,電動歯ブラシの無接点充電器を教材に,そのしくみを考えさせる授業をしてみたのですが,これもなかなかいい教材になりました。
充電器にも,歯ブラシにも,どちらにもコイルが入っているのです。
c0171980_064773.jpg

c0171980_07858.jpg


こういうものを教材にすることで,学んだ知識を活用できるようになるのではないかと思います。
[PR]
by Rika_Joppari | 2016-11-03 00:16 | 教育 | Trackback | Comments(0)

ブタの肝臓

今年も2学年の授業を担当しています。
昨年同様,ブタの心臓と肺を食肉検査場から譲っていただいて,授業で生徒に観察させました。
昨年はお願いした通り,心臓と肺,気管の部分をいただいたのですが,今年はなんと肝臓と舌も一緒についていました。
一瞬観察をやめて,焼肉にしようかとも思いましたが・・・。

ブタの肝臓って,本当に大きいです。
胆嚢もはっきり見えて,生徒にはいい勉強になったと思います。
c0171980_0211171.jpg

c0171980_0212450.jpg


タンはそのまんまでちょっと・・・なので,掲載はやめておきます。
[PR]
by Rika_Joppari | 2016-05-28 00:23 | 実験・観察・研修 | Trackback | Comments(0)

流氷のエンジェル その後

魚屋さんで購入したクリオネ。
FBでいろいろ情報をいただき,昨日から理科室前の廊下に展示しています。
c0171980_13342141.jpg


授業に来た生徒たちは,突然現れためずらしい生き物に食いついて見ていました。
そして,「かわいい〜!」「かわいい〜!」の連発。
先生方も噂を聞いて集まってきて,昨日は一日中理科室前は大にぎわいでした。

残念ながら,先週末の土日で1匹お亡くなりになっていて,現在2匹を展示中ですが,
かわいそうな1匹は,せめて少しでも役に立たせてあげたいと,顕微鏡観察の役目を担ってもらいました。
頭に見える部分は,実は口であり,餌を捕えるときはここから6本の触手(バッカルコーン)を出して獲物を捕獲します。
赤く見える部分がその触手で,中に格納されています。
オレンジ色の部分が消化器官。
c0171980_134874.jpg


それにしても,ひらひらと翼足を動かしてフワフワ泳いでいる姿は,見ていて本当に癒されます。
なんとも不思議な生き物ですね。
[PR]
by Rika_Joppari | 2016-02-17 13:57 | 動物 | Trackback | Comments(0)

相同器官

授業が進化に入ったところで,理科室の展示を少し変えました。
いろいろ集めた相同器官の標本です。
手首と肘に印をつけると,橈骨,尺骨,上腕骨がわかります。

ヒトの腕とイルカのヒレ,ハトの翼。
c0171980_235628.jpg


ウマとシカの前脚。指の本数の違いを見せます。
c0171980_2345795.jpg


は虫類の前脚も,もちろん同じつくりになっています。
c0171980_23516100.jpg


教科書の図よりも,ずっとわかりやすいと思います。
授業の前後の休み時間に,これらを見ながら生徒たちと雑談するのが楽しいです!
[PR]
by Rika_Joppari | 2015-07-05 23:18 | 動物 | Trackback | Comments(4)

脊椎動物

中学校の理科では,2年生で動物の学習をします。
この単元を学習するときが,自前の骨格標本を授業で活用する最大のチャンスなのですが,ここ5年ほど2年生を担当できなかったので,実に久しぶりの動物の授業なのです。

脊椎動物のなかまの学習に入るとき,決まって生徒に考えさせるのですが,やはり誤認識が多いのが以下の動物たちです。

・ヘビには背骨がない
・トンボには背骨がある
・イカには背骨がある

先日,脊椎動物の学習に入ったところで,理科室の展示を模様替えしました。
手前はイルカで,背骨の標本としてはうってつけです。
c0171980_11483139.jpg


ヘビにも背骨がある証拠の標本です。
c0171980_11491086.jpg


最初はみんな恐竜だと思うようです。
でも,確かに恐竜から鳥へと進化しているのですから似ているのは当然。
c0171980_11492336.jpg


ひとつひとつ自作秘話があり,こだわりがあるので,この単元はどうも時間を取り過ぎてしまいます(^^;
でも,生徒たちも興味を持って聞いてくれるのでうれしいのですが。
[PR]
by Rika_Joppari | 2015-06-21 12:04 | 動物 | Trackback | Comments(2)

耳小骨

来月ある研究会でレポート発表する予定があるので,少しずつ準備を進めています。

新しいネタではないのですが,かなり前から持っていたイルカの耳の骨を,標本として見せられるようにスチレンボードに貼ってみました。
確か昔にアップしたよな〜と思い,検索してみたらありました。
2008年ですね。これです。

この骨のいくつかが割れていて,耳小骨がこぼれてしまったものを,タッパーに入れて保存しておいたものです。
c0171980_22315873.jpg


こうして標本にすると,いつでも活用できていいですね。
でも,「耳周骨」の文字が曲がっているのが気になる・・・(^^;



ところで,自分のブログ内を「骨」をキーワードに検索して上のイルカの記事を見つけたのですが,
「骨」でかなりたくさんの記事がヒットしたのには,自分でも驚きました。
今までに,こんなに骨をアップしていたのかと・・・・。
[PR]
by Rika_Joppari | 2015-01-28 22:40 | 動物 | Trackback | Comments(0)

太陽黒点

大きな黒点が出ているということで、先ほどカメラを構えて撮影してみました。
2012年の金環日食の時に買った、ND100000のフィルターが活躍です。
c0171980_940222.jpg


明日からまた天気が崩れそうなので、次に撮影できる時には、移動している様子がわかるといいです。
[PR]
by Rika_Joppari | 2014-10-26 09:45 | 実験・観察・研修 | Trackback | Comments(0)

光を操る

昨日は理科サークルの例会でした。
使い捨てカメラのフラッシュの基板を使って、蛍光灯の光を操るマジックのタネをつくりました。

作成中は作業に夢中になり、写真を撮るのも忘れていました。
出来上がってしまってからですが、こんなものです。
c0171980_20333743.jpg


これじゃ、何がどうなっているのかさっぱりわかりませんよね。

フラッシュのスイッチを入れ、コードを服の中に隠してフィルムケースに蛍光灯の片方を差し込み、もう片方の手で蛍光灯を触ると、触ったところまで蛍光灯が光ります。
手を動かすと、光っているところが伸びたり縮んだり。
自由に光を操ることができます。
c0171980_20383743.jpg


光の3原色RGBの蛍光灯があったので、同様にやってみたら、すごくきれいでした。
肉眼で見ると、蛍光灯が赤や緑、青の色に光っているように見えるのですが、カメラで撮影すると、蛍光灯は白く写り、光が当たっている顔やからだが赤や緑になっているのです。
c0171980_20403582.jpg


確かに人の目には、蛍光灯が赤くて、持っている人の顔はこの写真ほど赤くは見えないのです。
私だけでなく、他の人も同じことを言っていました。
不思議ですよね。
これって、人の目がとても優れているということなのでしょうか?
[PR]
by Rika_Joppari | 2014-10-19 20:56 | 実験・観察・研修 | Trackback | Comments(0)

レコる

最近、本校理科部会の間では「レコる」ということばが流行っています。
もちろんこれは、recoroで撮影することを意味することばですが。

時々理科研究室の照明のスイッチのところに、こんな張り紙が現れます。
c0171980_1315227.jpg


今日は蒸散の実験の撮影でした。
c0171980_13574.jpg


ちゃんと指定した時間ごとに、カシャッ・・・カシャッ・・・と真面目に黙々とシャッターを切るけなげなrekoroは、なんだかとてもいとおしく感じます。
c0171980_1372784.jpg


28日土曜日の朝は、曇り空で太陽が見えませんでしたが、その代わり雲が出来ては消える様子や、上層と下層の雲の動きの違いなど、これもまた捨て難い映像が撮れました。


次は何を撮ろうかな・・・。
[PR]
by Rika_Joppari | 2014-07-01 01:44 | 実験・観察・研修 | Trackback | Comments(0)

マグネシウムの燃焼

昨日は理科サークルの例会でした。
いつものメンバーに加えて教育実習生も参加してくれて、ワイワイ楽しく実験ができました。

マグネシウムを空気中で燃やすと、直視できないほど白く輝く光を出して燃えます。
一度火がついたマグネシウムの炎は消火しにくく、水や二酸化炭素をかけると爆発したりさらに強く燃えたりするので、工場火災では消火活動ができずに消防士はただ見守るだけというニュースが、少し前にありましたね。
最初は、マグネシウムをドライアイスの中で燃焼させる実験を行いました。
ドライアイスは固体の二酸化炭素であり、マグネシウムはCO2の炭素(C)から酸素を(O)を奪って燃えるのです。

マグネシウムがドライアイスと反応すると、オレンジ色の光を出して燃えます。
これがとても美しくて、私はこの実験が好きなんですよね〜。
ふたにするドライアイスの板に、顔を彫って、ポッと火照らせてみました(笑)。
c0171980_22425875.jpg


燃焼中のマグネシウムの温度を測ろうと、センサーを入れておいたのですが、2度目の燃焼はふたのすき間が大きく、激しく炎が吹き出し、センサーが燃えてしまいました(^^;
そのときの決定的瞬間が・・・。
c0171980_22465687.jpg


それでもこの熱電対、壊れずにこのあともちゃんと生きていました。
しぶといのは持ち主に似たのかなぁ・・・?
[PR]
by Rika_Joppari | 2014-06-22 22:56 | 実験・観察・研修 | Trackback | Comments(0)