Go! Joppari

jopparika.exblog.jp
ブログトップ

タグ:星 ( 12 ) タグの人気記事

花火と星

6月7日に東方最大離角を迎えた金星が,今日も夜空にひときわ明るく輝いています。
今夜はそれに加えて,「古都ひろさき花火の集い2015」とあって,我が家の2階の窓から花火を眺めています。

ちょうど三日月と金星,木星が三角形を成しているので,花火と一緒にフレームに収めてみました。
c0171980_20553042.jpg


c0171980_20565682.jpg


今日はちょっと曇っているので,しし座はなかなか見えません。
明日はどうかな。
[PR]
by Rika_Joppari | 2015-06-20 21:05 | 空・雲・星 | Trackback | Comments(0)

太陽黒点

大きな黒点が出ているということで、先ほどカメラを構えて撮影してみました。
2012年の金環日食の時に買った、ND100000のフィルターが活躍です。
c0171980_940222.jpg


明日からまた天気が崩れそうなので、次に撮影できる時には、移動している様子がわかるといいです。
[PR]
by Rika_Joppari | 2014-10-26 09:45 | 実験・観察・研修 | Trackback | Comments(0)

金星

近頃はとても天気の変化が激しく、天気予報も当てにならないような日が続いています。
今日はようやく「春だなぁ」と思えるようなあたたかい一日になりました。
明日はまた雨が降る予報なので、西の空は少し雲がありましたが、今日のうちにと屋上に天体望遠鏡を設置して、学生が金星の観察を始めました。

岩木山の方から、次々と雲がつくられては流れてくるので、見えたり隠れたりでしたが、日没が進むに従って、金星もはっきりと見えてくるようになりました。

カメラを持っていかなかったので、試しにiPhoneで撮ってみましたが、意外ときれいに撮れた
のでびっくりしました。
c0171980_233189.jpg


観察している学生たち。
初めて望遠鏡で金星を見た学生もいて、かなりうれしそうでした。
c0171980_234265.jpg


今度は木星や土星も観てみたいですね。
[PR]
by Rika_Joppari | 2012-04-10 23:13 | 空・雲・星 | Trackback | Comments(2)

月と金星のランデブー

近ごろ天気が悪く、星もあまり見えない日が続いていたのですが、今日は晴れてラッキーでした。

今夜は-4.0等星まで明るくなった金星のすぐ近くに、月例2.4の月が寄り添うのです。
19時49分、西の空はこんな感じでした。
c0171980_2051410.jpg


望遠で撮ってみました。
拡大すると、わずかにクレーターが確認できます。
c0171980_20534624.jpg


この後、どんどん地平線に近づいていって、月も金星もオレンジ色に変わっていきました。

望遠鏡で見ると、金星も月も、同じ三日月の形なはずなのにね。
[PR]
by Rika_Joppari | 2010-05-16 20:57 | 空・雲・星 | Trackback | Comments(2)

満月と木星

今日は十五夜なので、月が出るのが待ち遠しいなぁと思っていたら、まだ夕方薄暗い頃からもうすでに月が昇ってきていました。

ちょっと興ざめだったのですが、気を取り直して暗くなってから満月の写真を撮りました。

少しトリミングをしています。
まあ私の150mmのレンズではこれが限界ですが、一枚アップしておきます。
c0171980_20554149.jpg


そして月の少し南側には、最近夜空でかなりの存在感をアピールしている木星が輝いています。
先日Wisdom96さんから、デジカメに望遠レンズでもガリレオ惑星が撮れることを聞いたので、早速私も挑戦してみました。

これはかなりトリミングしているので、画像は粗いですが、4つの衛星のうち、3つがはっきり写っています。
c0171980_20585975.jpg


ガリレオのように、毎日観測を続けていくと、4つの衛星の動きがわかるはずですよね。

なんか、今日は満月よりこっちに興味津々でした。
[PR]
by Rika_Joppari | 2009-10-03 21:01 | 空・雲・星 | Trackback | Comments(2)

部分日食観察

今日の日食観察会で撮った写真をアップしておきます。

まずは、天然のフィルター(^^; で直接太陽を撮った写真から。

10時50分
c0171980_21592947.jpg


11時01分
c0171980_2202771.jpg


11時29分
c0171980_2211153.jpg


鏡で反射させた像
これは、この写真と比べてみてくださいね。
c0171980_2294094.jpg


ピンホール
c0171980_2210179.jpg


木漏れ日は、残念ながらあまりはっきりとは写せませんでした。
c0171980_22162666.jpg


でもまあ、これだけの写真が撮れたので大満足です。
[PR]
by Rika_Joppari | 2009-07-22 22:19 | 空・雲・星 | Trackback | Comments(10)

やった〜!日食見えた!

今日は全校で日食観察会を行う予定でした。
朝まで降っていた雨はやんでいましたが、空は一面雲でおおわれていて、みんな沈んだ様子。

夏休み初日に全校生徒を登校させて、日食観察会を行いたいと校長にお願いして実現したこの観察会ですが、職員室では「ダメなら生徒にテレビの生中継を見せようか」という話までしていました。
教頭は、「先生の判断に任せるよ」と言ってくれています。

じっと空を眺めていると、風が強くて雲の動きが速いのです。
これはきっと、待っていれば太陽がときどき顔をのぞかせてくれるのではないかと思い、私は観察会決行の判断を下しました。

体育館で日食グラスを配り、緒注意をして外に出ました。

曇った空を眺めて「もう帰ろうよ」なんて言う生徒もいましたが、10分もしないうちに右上がほんの少し欠けた太陽が、雲間から姿を現しました!

生徒は一斉に「おぉーっ!!」という歓声を上げて、喜んでいます。
c0171980_21195790.jpg


事前につくっておいたピンホールの観察道具も、役に立ってよかった!
c0171980_21231166.jpg


箱の中はこんな風に見えているのです。
c0171980_21341438.jpg


その後も雲は流れていき、太陽は出ては隠れの繰り返しでしたが、ちょうど食の最大の頃は雲が切れて十分に観察することができました。

生徒が家で作ってきた、ピンホールです。
c0171980_2125461.jpg


こういうのをつくってきて、楽しみにしてくれていた生徒がいると思うと、本当にうれしくなりますね。
[PR]
by Rika_Joppari | 2009-07-22 21:36 | 実験・観察・研修 | Trackback | Comments(2)

明日の天気は・・・

明日は世紀の天体ショーが期待できるはずの日食の日ですが、どうやら天気は期待できそうにありません。
外は今も強い雨が降っていますが、明日の天気予報は朝から雨。
でも、かろうじて9時から曇りとなっているので、わずかな望みを託しています。

今日は終業式の後、明日の日食観察会のための説明会を行いました。
ニュースなどでは、皆既日食観測のために悪石島に入った人々を取材したり、お祭りムードでにぎわっている人々のようすを伝えています。

でもこの皆既日食、「不吉なもの」ととらえている国も少なくありません。

たとえば、インド

<以下引用>
「皆既日食で暴動が起きる」、占星術師が警告
 ヒンズー教の神話では、日食はラーフ(Rahu)とケトゥ(Ketu)という魔物が太陽をのみ込むことによって起きる現象と考えられている。生命の源となる光が奪われることで、食物や飲料水も生き物が口にしてはならないものに変わるとされる。
<引用ここまで>

そして、中国

<以下引用>
不吉とされる皆既日食、風水師「五輪に影響なし」
【7月30日 AFP】五輪の開幕を1週間後に控えた8月1日、中国では伝統的に「不吉」とされている皆既日食が中国でも観測される。だが、占星術師や風水師は「五輪には特に影響はなく、怖がる必要はない」との診断を下している。
<引用ここまで>

そして、ネパールでも。

考え方や宗教の違いが、国の姿勢の違いとなって現れている1つの例ですね。

いろいろと考えさせられるものです。
[PR]
by Rika_Joppari | 2009-07-22 02:00 | 空・雲・星 | Trackback | Comments(2)

星に願いを

今日、学校では生徒が七夕集会なるものを行い、全校生徒の願いごとを笹の枝に下げて、学年ごとに1学期の反省とこれからの目標を発表しました。

今日は満月ですが、今日から15日後の7月22日は日本で皆既日食が見られる日です。

青森県では部分日食ですが、この日は天気が良ければ全校で日食観察会を行う計画を立てています。
今はコツコツとその準備をしているのですが、太陽が雲で隠れていることが多く、なかなか思うようにリハーサルができないでいました。

部分日食を観察するにも、いろいろな方法があります。
その1つが、鏡で太陽の光を反射させて、太陽の像を壁などに映す方法です。

昨日、ちょうど正午ころ太陽が顔を出したので、草取りをしていた技能員さんにちょっと手伝っていただきました。
c0171980_21304192.jpg


こんな風に鏡で光をはね返して・・・
陰になっている遠くの壁などに光を当てます。

そうすると、どんな形の鏡でもこのように丸い光が映ります。
c0171980_2137282.jpg


これは、太陽の丸い形が映っているからなのです。
ということは、部分日食のときには、この丸は太陽の形、すなわち三日月のような形に映るのです。

このような木漏れ日が、普段は丸く見えるのも、木の葉のすき間がピンホールの役目をして、太陽の像が地面に映っているからなのです。
c0171980_21405857.jpg


これも、部分日食のときには、三日月型の木漏れ日になるはずです。

日食のときの写真ばかりではなくて、普段の写真も撮っておかないと比較できませんものね。
そういう意味で、今回は記録を撮っておきました。


今日の七夕集会の短冊に、どんな願いごとを書いたと思いますか?

もちろん、
「7月22日は快晴になりますように!」
です。
[PR]
by Rika_Joppari | 2009-07-07 21:49 | 空・雲・星 | Trackback | Comments(6)

明けの明星

昨夜は暑くてつい床にゴロリと寝転がったら、そのまま眠ってしまいました。

気がつくと、午前3時30分。
でも、窓の外はもう白々と夜が明ける様子でした。
6月21日に夏至を過ぎたばかりですから、あと30分もすれば日の出の時間です。

曇っていなければ金星が見えるはずと思い、窓を開けるとずいぶん高い位置に金星が輝いていました。
c0171980_15585690.jpg


金星も6月6日の西方最大離角を過ぎたばかりなので、2時ころにはもうすでに金星が昇って来るのです。
中学校では、金星は夕方西の空と明け方東の空にしか見えず、真夜中には見ることができないと教えますが、2時なら立派に真夜中なのではないでしょうかね。
何でもそうですが、教科書に書かれていることは「一般に」ということなので、その「一般」に当てはまらないこともたくさんあるということも教えていかなければならないと感じています。

今度はもう少し早起き(?)して暗い空の金星を眺めてみることにします。
[PR]
by Rika_Joppari | 2009-06-27 16:15 | 空・雲・星 | Trackback | Comments(2)