Go! Joppari

jopparika.exblog.jp
ブログトップ

タグ:書 ( 11 ) タグの人気記事

もう七草も過ぎたけど

今年のはじめはいろいろと忙しくて,年賀状を書かなくてはと思いながら時間が取れず,結局今日になってしまいました。

どうせ遅れてしまったのだから,何か新しいものをやってみようと思い,初めて水筆というものを買って使ってみました。
良く言えばチャレンジですが,悪く言えば手抜き・・・。
例年と比べるとかなり見劣りしますが,今年は勘弁してください。
c0171980_2331564.jpg


本年もよろしくお願いいたします。
[PR]
by Rika_Joppari | 2017-01-11 23:32 | ひとりごと

2016年元旦

皆さま,あけましておめでとうございます。
昨年は後半まったく更新できなくなり,コメントをくださった方には大変申し訳なく思っております。
今年もマイペースで進めていくと思いますが,なにとぞよろしくお願いいたします。
c0171980_0261118.jpg


筆の上達は遅々たるものですが,こうして毎年記録に残しておくと書くときにいろいろと役立ちます。
うまく書けないことは,次の練習のモチベーションになりますね。
だからやめられないのかもしれません。
[PR]
by Rika_Joppari | 2016-01-02 00:33 | ひとりごと

思い出展

久しぶりに開いたら,前回のアップが4月30日だったのに驚いた。
怒涛の5月がやっと終わり,中体連が終わって気づいたらもう6月も半ばに。
ちょっと前ですが,書道の先生宅で開いた,内輪だけの「思い出展」の記録を残しておきます。

過去の作品を集めて,あんなものもあったっけなぁと思い出してみる作品展。
いつもながら,山下先生の展示の仕方のセンスのよさに感動してしまいます。
こちらはどこか色っぽく広げられた巻物。
c0171980_21541058.jpg


机の上の手前の巻物は,私の作品「徒然草」です。(^^;
c0171980_2155454.jpg


壁にはこんな感じで展示。
床に置いてあるのは先生の作品で,百人一首をすべて,一首ずつ百枚書いてあるのです。
すごく見応えがありました。
c0171980_2156511.jpg


もう10年も前に書いた写経。
背景のお月様とウサギの風呂敷が好きだなぁ。
c0171980_21572571.jpg


この日の夜は,作品を見ながら翠明荘のお弁当と参加者お手製の手打ちそばで会食でした。
こんな大人の趣味もいいでしょ。
[PR]
by Rika_Joppari | 2015-06-17 22:13 | ひとりごと

2015年

去年の今頃は,修論に追われていて,悠長に筆で年賀状などを書く暇など全くありませんでした。
今年は久しぶりに,筆で書いてみようかなとおもっていたのですが,なかなかやる気が出ず,とうとう今日になってしまいました。

何度も練習して,そろそろいいかなと思って書いてみても,一発勝負の本番は,なかなか思うように書けません。
全然納得のいかない一枚ですが,以前から一度瓦当に挑戦しようと思っていたので,記録のためにこの一枚を載せておきます。
c0171980_20593685.jpg


新年明けましておめでとうございます。
2015年も,よろしくお願いいたします。
[PR]
by Rika_Joppari | 2015-01-03 21:02 | ひとりごと

年の初めに

新年あけましておめでとうございます。

今年は(これでも)例年より早く年賀状を書き終えました。
ちょっと手抜き感もありますが、まあ巳年ということで、するりと抜けて逃げることにしますw
c0171980_1283214.jpg


みなさま、本年もよろしくお願いいたします。
[PR]
by Rika_Joppari | 2013-01-02 01:29 | ひとりごと

花のや

先週の作品展示会では、たくさんの方々に見に来ていただき、ありがとうございました。

今回の展示会では、初めての試みとして、師範揮毫(しはんきごう)を行いました。
午前、午後2回に分けて、小学生・中学生・高校生・成人が、会場で実際に書いて見せる催しです。

教師代表として書いたこの方は、私と同じ教室で生徒部から習っていた人です。
子どもの頃から知っていますが、本当に字が上手な生徒さんでした。
大人になって本部の講師を経て、今は書道の先生をしています。
c0171980_1614079.jpg


これもこの方の書です。
c0171980_16144028.jpg


実際に書いている様子を見ると、筆の運びや使い方、書くリズムなど、学ぶところがたくさんあります。

バラエティーにとんだ数々の作品がそろい、見に来てくださった方にも楽しんでもらえたのではと思います。
絵も字も書ける人は、こんな作品も。
うらやましいですね。
c0171980_16184339.jpg


恥ずかしながら、私の作品も入り口付近に展示してもらえました。
c0171980_16211092.jpg


今日はランチを食べながら、展示会の反省会を行いました。
集まった人たちそれぞれの作品づくりの苦労話しに花が咲き、おいしいお昼ごはんとともに楽しいひとときを過ごしました。
c0171980_162629100.jpg


場所は、平川市新屋町の「花のや」でした。
[PR]
by Rika_Joppari | 2012-02-11 16:32 |

作品展示会

この年末年始は、この作品を仕上げるために、膨大な時間と労力を費やしました。

今年の作品展には、ちょっと背伸びをして大作に挑んでみたのですが、年末休業に入るまではなかなかまとまった時間が取れず、結局休みに入ってから毎日徹夜に近い状態で、書くしかなかったのです。
それでも、締め切りが近づいてもまったく清書ができず、もう後がない締め切り当日は、12時間くらいぶっ通しで書き続けました。

当然、満足のいく終わり方ではなかったのですが、タイムリミットなので仕方なく作品を提出しました。

今日は、表装された自分の作品を初めて見ることができました。
きれいに表装されると、力不足の作品もなぜかよく見えるものです。
c0171980_2333581.jpg


徒然草の第十九段を書きました。
最初から最後まで、通して書くと3時間くらいかかりました。
これを何度も練習してから清書ですから、時間がいくらあっても足りないのです。

こんな大作に取り組むのも、きっとこれが最初で最後でしょう。
いわば、人生の記念品です。

今週末の2日間、作品展があります。
お近くの方、興味があったら是非見に来てください。

●会期 2月4日(土)・5日(日)
●時間 午前10時〜午後5時(5日は4時まで)
●会場 弘前市百石町展示館(旧青森銀行)
 主催 (財)日本習字教室財団 
[PR]
by Rika_Joppari | 2012-02-02 23:44 | ひとりごと

新年のごあいさつ

昨年の暮れは、何かと忙しく、年賀状を書く暇もありませんでした。
よって、今年は年が明けてから年賀状に取りかかるはめに。

・・・といっても、もう4日になってしまいましたが、ようやく最後の一枚を書き終えました。

どうせ遅れたなら遅れついでにと、結構手の込んだものにしてみました。
「辰」の字の上に半紙を貼り、そこに文字を書いてみたのです。
透かし、のように見えるでしょうか。
c0171980_222085.jpg


今年は大サービスでもう1つ、
c0171980_2225053.jpg


最近めっきり更新の頻度が下がりましたが、細々と続けていきたいと思います。
皆さん、本年もよろしくお願いいたします。
[PR]
by Rika_Joppari | 2012-01-04 02:28 | ひとりごと

作品展示会

私が書を習いに行っている先生宅で、昨日から作品展示会を行っています。
今日は展示会を見に行こうと決めていたので、早めに職場を出て向かいました。

ここの先生と生徒の作品+α(このαが、すごい方々の作品なのですが)のミニ展示会です。

作品も素晴らしいのですが、私がいつも感動するのは、この先生の「飾る」センスの良さなのです。
たとえば、ハガキサイズの作品や年賀状などを額に入れるにしても、高級な和紙を背景に置いたりはせずに、カレンダーや包装紙の一部を切り取って使うのです。
それがまた、とても作品にマッチしていて、ちっとも安っぽく見えないのです。

また、今回はおひなさまなどの人形をあちこちに配置して、春らしい雰囲気を醸し出していました。

こちらは私の先生の作品。
8mもある巻物です。
c0171980_22272162.jpg


これは私の作品。
恥ずかしいので名前は隠させてください(^^;
c0171980_22592990.jpg


こちらは大先生の作品。
おもしろいですね。こういう作品、大好きです。
c0171980_22472713.jpg


鉢植えのヒメカンザシが、可憐な花を咲かせていました。
c0171980_22504480.jpg

[PR]
by Rika_Joppari | 2009-03-02 22:57 | ひとりごと

年賀状

3日ほど前から取りかかっていた年賀状が、今日ようやく書き終わり、すべてポストに収まりました。
冬休みになると、この仕事(?)が待っているので、なかなか大変です。
最近はAdobe illustratorのお世話になり、プリンタで印刷したものに手書きでひとこと加筆するのが、いつもの習わしになっています。
どんなデザインにしようか考えることは楽しいことなのですが、やはり年賀状は一枚一枚手書きで書きたいものです。

そこで、私は毎年必ず何枚かは、筆で年賀状を書くのです。
実はこれが、一番の楽しみでもあるのですが。

今年はどんな風に書こうかな〜って考えたとき・・・

「あれ?去年は何を書いたっけ?」
「その前の年は?」

・・・と、なかなか思い出せないのです。

パソコンでつくった年賀状は、データで残っているのですが、手書きのものは出してしまえば手元に残らないのですものね。

そして、今年、ようやく気づきました。

「写真に撮っておけばいいんじゃん!」

(どうして今までこれに気づかなかったんだろう?)

ということで、まずは傍らの硯と筆を撮りました。
(なんでやねん?)
c0171980_2038690.jpg


これらは、普段私が愛用している道具です。
この硯は、私が小学校で最初にそろえた書道セットに入っていた硯なのです。
今でも全く不自由なく使えているのですよ。

そして今年の年賀状も、とても恥ずかしいのですが公開しちゃいます。
趣味で楽しんでいるだけなので、筆使いが悪いとか、深く突っ込まないでくださいね。

まずは、嵐雪の句を
c0171980_2043368.jpg


こちらは、椿をあしらって、
c0171980_204821100.jpg


これで来年は、忘れずに思い出せます。
[PR]
by Rika_Joppari | 2008-12-30 20:57 | ひとりごと