「ほっ」と。キャンペーン

Go! Joppari

jopparika.exblog.jp
ブログトップ

タグ:雲 ( 12 ) タグの人気記事

水平飛行

先日、出雲縁結び空港から羽田に戻る飛行機の中、高度8000mくらいでしょうか、上層の雲と下層の雲に挟まれた景色があんまりきれいだったので、ムービーで撮ってみました。

後から見直してみると、7秒後くらいから右下の雲に飛行機の影が映っているのに気づきました。
最初は手前の雲に少し大きめの影ができていますが、その後遠くの雲に影が移ると、スポットライトのように丸い光で囲まれているように見えます。
これは二重の窓による干渉でできたものなのでしょうか。
それにしても、なぜ遠くにある飛行機の影にだけ、こんなものができたのでしょうか。
そのしくみが知りたくてたまりません。

どなたか理由を説明していただける方がおりましたら、よろしくお願いします m(_ _)m


[PR]
by Rika_Joppari | 2014-08-09 21:19 | 空・雲・星 | Trackback | Comments(2)

太陽柱

今回の旅行は往復とも羽田経由の便でした。

空に上がるとついつい、千差万別に姿を変える雲に、目を奪われてしまいます。
青森空港の朝は濃霧で、羽田からの機材が来ているか心配でした。
それでも定刻に離陸し、ほどなく美しい青空が見えてきました。
c0171980_231964.jpg

c0171980_22594892.jpg


帰りは伊丹からの便が窓側の席でした。
着陸前、何気なく外を見ると、小笠原諸島がきれいに見えていました。
右側の席で、ラッキー!
c0171980_233575.jpg


羽田での乗り継ぎが悪く、2時間も空港で時間をつぶさなくてはなりませんでした。
羽田を飛び立つともう日没の時間。
空が真っ赤に染まっていました。

あぁ、ちきゅうがまわってるなぁ〜なんて思いながら、次第に沈んでいく太陽を眺めていると、美しい太陽柱が現れてきました。
これもラッキー!!
c0171980_238242.jpg


窓側より、ひとつ内側の席だったのですが、となりの人にちょっと失礼して、写真を撮らせてもらいました。
どうもすみません m(_ _)m
[PR]
by Rika_Joppari | 2011-07-12 23:13 | 空・雲・星 | Trackback | Comments(2)

梅雨空

東京から弘前に移り住んでから、梅雨というものをはっきりと意識したことはなかったように思います。
東京の梅雨は毎日雨が降り続き、じっとりとしたむし暑い空気の何とも言えない不快感が記憶に残っています。
私の記憶では、弘前に来てからは梅雨らしい梅雨というものがありませんでした。
ところが今年は、先日からじめじめとしたむし暑い日々が続き、久しぶりに梅雨を経験した気分です。
6月なんて、今までならまだ肌寒い日もあったように思います。
今年のように、こんなに暑い6月は珍しいです。

今朝、出勤途中に岩木山の山肌に、珍しい形で虹がかかっていました。
c0171980_23415051.jpg


明け方降っていた雨もこのときにはやんで、日中は非常に暑い一日でした。
ところが、ちょうど部活動が終わったころに、また雨が降り始めました。

岩木山の上には、おもしろい形の雲が乗っていました。
c0171980_23474653.jpg


毎日いろいろな姿を見せてくれる岩木山。
本当に飽きることはないですね。
[PR]
by Rika_Joppari | 2010-06-24 23:51 | 空・雲・星 | Trackback | Comments(2)

青空と雲

久しぶりにきれいな青空が見えた朝でした。

北側には、きれいなうろこ雲が一面に広がっています。
c0171980_1112666.jpg


西側の岩木山上空にも。
c0171980_1133256.jpg


ん?

なんか変な形の雲を発見。
c0171980_1142832.jpg


そういえば、子どもの頃よく雲を見て、怪獣とか動物とか、いろんな形を想像したっけな。
これは何に見えるかな?
[PR]
by Rika_Joppari | 2009-12-02 01:17 | 空・雲・星 | Trackback | Comments(4)

夕日と岩木山と雲

久々に、岩木山の写真を撮りました。

夕日が沈む頃、ふと見ると岩木山がすっぽりと綿の帽子をかぶっているではありませんか。
c0171980_23501382.jpg


山頂はきっと雨が降っていて、このきれいな夕日も見えないのでしょうね。

先日、北海道トムラウシで遭難事故がありました。
私も5年前に仲間とトムラウシに登ったので、本当にショッキングなニュースでした。
岩木山はトムラウシほど標高はありませんが、遭難事故も過去にあります。
山の天気は本当に変わりやすいというのは、今の勤務地で本当によくわかります。
山に入るときには、十分注意しなければいけませんね。

トムラウシで亡くなられた方々の、ご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by Rika_Joppari | 2009-07-25 00:07 | 風景 | Trackback | Comments(2)

飛行機雲

今日は久しぶりに青空が見えるなと思っていたら、目の前に飛行機雲を引いた飛行機が飛んで来ました。
c0171980_21592632.jpg


信号待ちの度に、シャッターを押しまくりました。
c0171980_2213272.jpg


c0171980_2214878.jpg


すると、飛行機はだんだんと月の方に向かって飛んでいきます。
これは月と飛行機雲を一緒に撮るチャンス!と思いましたが、今度はちょうどその方向に電線が・・・
しかも、流れが良くなって車を停車することもできず。

やっと撮れた写真がこれ。
c0171980_2255730.jpg


あ〜あ。
月と機体が並んだときにとりたかったのに・・・ちょっと遅かった。
[PR]
by Rika_Joppari | 2009-07-14 22:08 | 空・雲・星 | Trackback | Comments(2)

暗雲立ちこめて

弘前は今、どこに行っても満開の桜が見られ、弘前公園は最も美しい季節です。

ところがあいにく、天気は悪く今日も雨、明日も明後日も雨の予報です。

今日も冷たい風が吹き荒れ、外に出るときはセーターの上に厚手のカーディガンを羽織りました。
こんなに寒くては弘前公園に行く気にもなれませんでした。

恨めしく空を眺めると、雲の流れが速く、風がかなり強いことがわかります。
いつもなら、きれいな青空に浮かぶ真っ白な雲をよく撮るのですが、今日はおどろおどろしい暗雲を撮って遊んでみました。
c0171980_2032126.jpg


風に吹き上げられて、ぶくぶくと湧き出るように動く雲。
白黒にしてみると、その恐ろしげなようすが強調されるようです。
c0171980_2036172.jpg


c0171980_20493058.jpg


今日はちょっと調子に乗りすぎました(笑)
[PR]
by Rika_Joppari | 2009-04-25 20:49 | 空・雲・星 | Trackback | Comments(2)

山に近いということは

今朝、出かけるまでははどんよりとした曇り空だったのですが、職場に着くと空が晴れ上がり、お日さまが岩木山頂の雪を照らしてぎらぎらと輝いて見えました。

いつもの定点観測地からの写真です。
山頂付近は風が吹いて地吹雪になっているのでしょうか?
それとも、強い日差しで溶かされた雪から、雲が立ち上っているのでしょうか?
c0171980_23345522.jpg

c0171980_23423791.jpg


そして昼近くになると、雲ひとつない青空にそびえ立つ岩木山。
c0171980_23452295.jpg


毎日こんなに美しい景色が見られたら、最高ですね。

でも、ひとつだけ欠点もありました。
それは・・・これ。
c0171980_23482655.jpg


建物から外に出ても、携帯が使えないのです。

その場所とは・・・ここです。

[PR]
by Rika_Joppari | 2009-04-07 23:54 | 風景 | Trackback | Comments(8)

渋滞

昨日は新しい職場の顔合わせ会があり、いつもより早く職場を出て家に向かいました。

夕方5時過ぎというのは一般の人の帰宅時間らしいので、渋滞に巻き込まれてしまいました。
こんな時間に帰宅することなど滅多にないので、びっくりでした。

遠く前に見える信号が何回も赤・青を繰り返しているのに、車はちっとも前に進まないのです。
暇なので窓を開けて周りの景色を眺めていると、頭の真上に月が出ていました。
上弦を1日過ぎた、月齢7.5の月です。
窓から乗り出して、望遠で写真を撮ってみました。
c0171980_1195020.jpg


トリミングしていますが、クレーターまでよく見えていますね。

次は、はけでうっすらと描いたような面白い形の雲が見えてきたので、その写真を撮ろうとレンズを換えていたら、いきなり渋滞が解けて、車が前に進みだしました。
ベールのような雲の中を横切る飛行機が、飛行機雲をつくっているのを右側視界でとらえましたが、今度はどんどん車が流れて停められなくなってしまったので、左手はハンドルを握りながら、右手でカメラを持ち適当にシャッターを切って何枚か写真を撮りました。
これは、その中の1枚。
c0171980_11205178.jpg


ファインダーをのぞかない方が、斬新な構図の写真が撮れるかもしれませんね。
[PR]
by Rika_Joppari | 2009-04-04 11:32 | 空・雲・星 | Trackback | Comments(4)

空からの眺め

昨日の天気予報では今日は大雪で、飛行機が飛ばないのではと心配していましたが、どうやら荒れる時刻が少し遅れたようで、朝は天気が良く、飛行機は無事に飛んでくれました。

私は飛行機は夜の便に乗ることが多いので、明るいときに飛行機に乗ると、ついつい空からの写真を撮りたくなってしまいます。

ポコポコしてて、まるで大きな綿あめのような雲海。
c0171980_0413137.jpg


ここら辺は秋田県上空だったかな。
きっと下界は大雪なのでしょうね。

そうしているうちに、私が座っている側と反対側の窓に、なんだか富士山らしき山が見えているではありませんか!

雲の上に、頂上の部分だけを出した富士山。
窓の近くで撮りたくても、飛行機は満席で席を移動することはできません。

仕方がないので、通路を挟んで反対側の窓に望遠レンズを向けて、なんとかこの写真を撮りました。
c0171980_047793.jpg


窓の枠が入っていたので、ほんの少しトリミングしています。

やっぱり富士山は、どこから見ても美しい形をしていますね
[PR]
by Rika_Joppari | 2009-01-25 00:56 | 空・雲・星 | Trackback | Comments(8)